logo

パスポートのいらない英国へ行こう!BLIPPAR(TM)(ブリッパー)、全国の小学生~高校生へ British Hills

Blippar Japan 株式会社 2016年04月01日 10時44分
From PR TIMES

(ブリティッシュヒルズ)で楽しく過ごすためのヒントを案内!~4月1日よりBlipparサービス導入開始 ~

世界で約7,000万人のユーザーを持つ、ビジュアルブラウザーアプリBlippar(TM)(Blippar Japan株式会社・東京都渋谷区) は、2016年4月1日(金)より福島県天栄村にある神田外語大学・神田外語学院を運営する学校法人佐野学園が設立したBritish Hills(ブリティッシュヒルズ)への技術協力を開始いたします。




Blippar Japan代表取締役社長のショーン・ニコルスは、この度の取り組みにあたり次のように述べています。
「全国の3万人の小学生・中学生・高校生のみなさまに、ブリティッシュヒルズの学習環境・施設案内を魅力的に伝えることを念頭に、Blippar Japanはこの度の技術提供に尽力しました。

新しい切り口として、Blipparブリッパーブラウザーを通じ、本場の英語学習・360°パノラマビューのバーチャル館内見学・講師による講座案内がご覧いただけます。弊社の技術を採用した、今回のブリティッシュヒルズのサービスは、教育関連事業において初の試みとなります。全国の学生のみなさまの英語教育の一助となれること、ブリティッシュヒルズへ協力ができることを私たちはとても誇りに思っております。」

<本サービス体験方法>
無料ビジュアルブラウザーアプリBlipparをダウンロード後、ブリティッシュヒルズのパンフレットやエンブレム(下記画像)をスマートフォンやタブレットでBlippブリップ(注1)します。スクリーン上に出現するそれぞれの仕掛けをタップいただき、British Hillsのプログラム研修の詳細や「Pre-study Material事前学習教材」として英語のクイズに挑戦し、学習体験をしていただくことが可能です。クイズに正解すると、限定スペシャルフォトフレームをアプリ内に得られ、SNSなどのサイトへ自由にフォトシェアリングをしていただくことができます。
※ アプリのダウンロードはこちら リンク


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■ British Hills(ブリティッシュヒルズ)について■
 1994年に神田外語大学・神田外語学院を運営する学校法人佐野学園は、日本において英国文化を体験できるブリティッシュヒルズを設立しました。本プログラムは、「英語教育」と「ホスピタリティ」がコラボレートした独自のトータルイマージョンプログラムです。ブリティッシュヒルズのトータルイマージョンとは、レッスンのみならず、施設・講師・スタッフ・サービスの全てが教材の一部であり教育資源になっているということです。「本物の英国を作る」・「パスポートのいらいない英国」というコンセプトに基づいた環境での異文化体験だからこそ、英語が日常的に使われる環境作りが可能になったのです。
British Hills(ブリティッシュヒルズ)の詳しい詳細はこちら リンク

■ Blippar™ (ブリッパー)について■
Blippar™は、世界中全ての物体を情報とコンテンツの新しいメディアプラットフォームに変えるビジュアルブラウザーです。2011年のサービス開始以来、世界で 7,000万人以上が登録し、多くの消費者にご利用いただいています。 Blippar™の子会社として2014年に誕生したBlippar Japanは日本中のあらゆるものが“ブリップBlipp(注1)”できる“ブリッパブルBlippable(注2)”な世界を創り続けていきます 。詳しい情報はリンクをご確認ください。
公式ツイッター:@blipparjapan | 公式フェイスブック:リンク
Blipparビジュアルブラウザーアプリは、App Store及びGoogle Playより無料でダウンロード頂けます。 

(注1)「Blipp(ブリップ)する」とは「Blippar」アプリを起動し、認識させる対象物にスマートフォンをかざすこと。
(注2)「Blippable(ブリッパブル)」とは対象物が「Blipp」可能であること。
※App Storeは、Apple Inc. の商標または登録商標です。
※Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事