logo

次世代型 人事労務管理パッケージ「TimePro-NX」 新発売

働く人と操作する人を支援する「やさしさ」を実現!

アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島 泉、以下アマノ)は、「これからの人を考える 働き方を考える」をテーマに、労務コンプライアンス対策と労務管理費のコストダウンの両方を実現する、人事労務管理パッケージ「TimePro-NX」を4月1日より新発売します。



[画像: リンク ]



「TimePro-NX」は、働く人に「優しい」・使う人に「易しい」をコンセプトに、デザイン・操作・機能すべてにおいて「やさしさ」を実現しています。「人」を中心とし、就業・給与の各ソリューションに人事情報登録と検索機能を標準搭載、常に人事情報を有効活用できるようにしました。

スペック面では同シリーズの「TimePro-XG」に比べ、タッチ操作のメニュー選択やよく使うメニューのグループ化など、圧倒的な操作性の向上を実現した他、計算区分や項目数を大幅に拡張し、細分・複雑化する計算仕様や、将来の拡張・変更等にも柔軟な対応を可能とするシステムになっています。

また、サポート面では、インターネットを経由したアマノオンラインショップでのサプライ品の注文、ICカード発行サービスの利用、FAQや動画ヘルプ(特許出願中)の配信、リモート接続による対応などを含めたワンストップサービスを実施していきます。さらに、税・社会保険テーブルやサービスパックの提供、お客様の設定ファイルの保管など、安心の利用環境をお届けします。

「TimePro-NX」は6月から全国主要各地で開催予定の「NXフォーラム2016」にてシステムの内容をご覧いただけます。詳細はアマノホームページでご案内していきます。

【開発の背景】
労働法規、少子高齢化による労働人口減少、要介護者の増加など様々な外的環境変化により、働き方の多様化や働く人の多様化が加速している中、企業においては最適な労働力確保を目的とした施策の実施が重要課題となっています。また、労働条件の適正化、長時間労働の抑制、過重労働によるメンタル不調、健康障害防止などの問題を受けて、労働基準監督署の調査・指導が強化され、労務管理システムにもコンプライアンス対策が不可欠です。そうした背景の中、アマノでは労務コンプライアンス対策と労務管理費のコストダウンの両方を実現するために、よりきめの細かい人員配置や勤務計画、複雑な時間計算や賃金計算を容易に実現できるシステムが求められるようになりました。

TimeProシリーズ18,000社を超える納入実績を生かし、総務・人事部門が必要とするデータ提供はもちろんのこと、簡単に使える操作性、適正なコストで導入できるシステムの開発に至りました。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事