logo

インテック、富山第一銀行へF³(エフキューブ)クラウドCRMを提供開始

ITホールディングスグループ 2016年04月01日 09時00分
From PR TIMES

ITホールディングスグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:日下茂樹、以下インテック)は、株式会社富山第一銀行(本社:富山県富山市、代表取締役頭取:横田格、以下富山第一銀行)に「F³(エフキューブ)クラウドCRM」の提供を開始したことを発表いたします。2016年4月1日から富山第一銀行全店で運用を開始しています。



「F³(エフキューブ)クラウドCRM」は地域金融機関で多数の採用実績を持つF³(エフキューブ)CRMシステムのクラウド型サービスです。

[画像: リンク ]



富山第一銀行は、"地域とともに。さらなる信認、さらなる進化を"を基本理念とした「お客さまサービスの向上」に継続的に取り組んでいます。その一環として、営業活動の効率化、お客さま情報の一元化によるお客さまに適合した商品・サービスのご提案を目的に、本システムを導入いただきました。

■「F³(エフキューブ)クラウドCRM」の特長
(1)お客さまとの取引内容や店頭・渉外活動で得られたコンタクト情報を一元管理、銀行全店での情報共有化を実現し、お客さまに最適な商品・サービスの提案を通じてお客さま満足度向上の実現を支援します。

(2)月額課金制のクラウドサービスとして利用できるため、設備投資やシステム運用要員を大幅に削減することが可能となり、加えて、導入型のCRMシステムに比べて半分程度の期間でシステムを利用することができます。

「F³(エフキューブ)クラウドCRM」は、2013年のサービスリリースから多数の金融機関様へご採用いただいております。今後は、フロントコンプライアンス対応、地図情報連携、イベントベースドマーケティングなどの業務機能を順次リリースしていく予定です。
インテックは、今後も金融機関の発展のお役に立つため、ソリューション提供を拡大してまいります。

「F³(エフキューブ):Flexible Financial Frontier」について
インテックが提供する金融機関向け総合情報系システムの総称です。
CRMシステム、コールセンターシステム、ローン自動審査システムなどを業務機能の体系化と業務単位のコンポーネント化で合理的なシステム導入と拡張性を実現した金融機関向け「統合型CRMシステム」です。インテックはF³(エフキューブ)シリーズをすでに90社以上の金融機関に提供しております。
F³(エフキューブ)CRMシステムでは豊富な導入実績と確かな技術および業務ノウハウの蓄積により、情報の一元管理およびリテール営業推進支援を目的とした業務の効率化と高度化を実現しております。

インテックについて
お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心で、便利で、Smartで、心地よい社会をICT技術で実現する“社会システム企業”を目指し、グローバルな視野で挑戦を続けてまいります。リンク

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社がさまざまなエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


※ 本文に記載されている会社名、商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載した内容は本発表日現在のものです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。