logo

iPadのPOSレジ「ユビレジ」が軽減税率に対応。補助金制度を利用するためのサポート体制も用意

株式会社ユビレジ 2016年03月31日 15時00分
From PR TIMES

iPadのPOSレジシステム「ユビレジ」を提供する株式会社ユビレジ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:木戸啓太)は、政府が平成29年4月に導入予定の軽減税率に対応することを発表いたします。また、軽減税率対策補助金を利用するために必要な事業者登録も進めており、お客様が軽減税率への対応・対策がスムーズにできる体制作りも用意しています。

すでにテレビ・新聞等で報道されているように、平成29年4月1日の消費税10%時から「酒類と外食を除く食品全般」と「週2回以上発行で定期購読されている新聞」に8%の軽減税率が適用される予定になっております。さらに同一商品でも「イートイン」と「テイクアウト」によって税率が異なるなど(複数税率)、事業者・消費者双方にとってわかりにくいルールとなっております。

「ユビレジ」ではすでに、複数税率対応に必要な機能「商品ごとの税率設定」に対応しております。また、今後「レシートの印字対応」「免税事業者向け区分記載請求書の発行」の機能を追加して参ります。

さらに、複数税率対応レジ導入のための支援制度「軽減税率対策補助金」を事業者のみなさまがご利用になれるように、中小企業庁への「指定メーカー登録申請」も進めております。これにより、事業者さまがiPadやレシートプリンター等の購入や入れ替えにかかる費用の一部が国から補助されるようになります。

今後も「ユビレジ」は、ご利用のお客様が軽減税率制度に正しく沿った形でスムーズに移行・運用ができるように、機能とサポート体制を強化してまいります。


【軽減税率対策補助金制度の概要】
複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、対応できるように既存のレジを改修したりするときに使える補助金制度です。
・レジ1台あたり20万円まで
・ 1事業者あたり200万円まで(レジを複数台利用の場合)
レジ本体のほかに、レジ機能に直結する付属機器等(レシートプリンタ・キャッシュドロア・バーコードリーダー・決済端末およびリーダー・カスタマーディスプレイ・ルーター・サーバ)も合わせて補助対象となります。
詳しくは軽減税率対策補助金事務局のホームページでご確認ください。
リンク

【ユビレジについて】
2010年8月にサービスを開始したiPadを端末として使用するPOSレジサービスです。低コストで高機能なPOSレジが導入でき、各種飲食店・小売店・美容院など幅広い業種の街のお店からチェーン店にまで導入が進み、国内だけでなく海外でも利用されています。オーダリング・売上管理・在庫管理など、店舗運営をサポートする豊富な機能を備えています。
「ユビレジ」の連携サービス:リンク
「ユビレジ」の周辺機器:リンク

【株式会社ユビレジの概要】
社  名:株式会社ユビレジ (英語表記 : Ubiregi Inc.)
U R L:リンク
所 在 地:東京都 渋谷区 千駄ヶ谷 3-59-4 クエストコート原宿
代 表 者:代表取締役 木戸啓太
事業内容:iPadを活用したSaaS型POSシステム「ユビレジ」の開発・提供
iPhone/iPod touchがオーダーエントリーシステムになるアプリ「フリックオーダー」の開発・提供
資 本 金:195,806,897円

【本件リリースに関する問い合わせ先】
株式会社ユビレジ 担当:八木
TEL:03-6863-4070
E-MAIL:press@ubiregi.com
URL: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事