logo

学長の交代について -- 昭和女子大学

昭和女子大学 2016年03月31日 14時05分
From Digital PR Platform


学校法人昭和女子大学(理事長 坂東眞理子、東京都世田谷区)は、坂東眞理子学長の任期満了に伴い、金子朝子理事・現副学長を第9代昭和女子大学学長に任命することを決定した。


 就任は2016年4月1日。初めて卒業生が学長に登用される。
 なお、坂東眞理子前学長は、引き続き理事長として学校法人全体の運営を担当する。

 金子朝子理事は1947年東京都生まれ。1971年に昭和女子大学英米文学科を卒業。
 昭和女子大学附属昭和中学校高等学校で教鞭をとり、1977年にサンフランシスコ州立大学で英語教育学修士を取得した。1980年に昭和女子大学助教授に就任し、理事長秘書室長を兼務。
 1990年から学校法人昭和女子大学評議員を務め、1992年にテンプル大学日本校で英語教育学の博士を取得。昭和女子大学教授に就任した。1996年から学校法人昭和女子大学 理事、1998年に昭和女子大学英米文学科学科長・大学院教授となり、2002年には昭和女子大学文学部学部長、2005年から昭和女子大学副学長を務めていた。
 学外では国際的学習者コーパスICLE、LINDSEI研究で日本人英語学習者コーパスを担当。2010年に「英語コーパス学会賞」を受賞している。また、学習指導要領中学校外国語(英語)作成に携わり国立教育政策研究所「特定の課題に関する調査中学校外国語(英語)」、「学習指導要領実施状況調査中学校外国語(英語)」の問題作成・結果分析を行うなど日本の中等教育における外国語教育の方向性を示している。

▼本件に関する問い合わせ先
 昭和女子大学広報部
 TEL: 03-3411-6597
 E-mail: kouhou@swu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事