logo

インドネシア人専用の日本情報Webサイト「NOREN」を開設

Fantasia合同会社 2016年03月31日 10時00分
From PR TIMES

在日インドネシア人らが日本の情報を取材して配信

2016年4月1日に、近年、訪日インドネシア人数が大幅に増加していることを受けて、訪日インドネシア人専用の日本情報サイト「NOREN」を開設いたします。開設者:Fantasia合同会社(本社:大阪市西区、共同代表:マンスルカミラ、共同代表:野々宮秀樹)



Fantasia合同会社(本社:大阪市西区、共同代表:マンスルカミラと、共同代表:野々宮秀樹は、以下 Fantasia)は、近年、訪日インドネシア人数が大幅に増加していることを受けて、2016年4月1日に訪日インドネシア人専用の日本情報サイト「NOREN」を開設いたします。

「NOREN」
[画像: リンク ]



リンク

■開設背景
現在、人口2億5千万人を突破したインドネシアは、平均所得も年々上昇し、生産国としてだけではなく消費国としての存在感を増してきている。その中で2015年のインドネシア人訪日者数が前年比約30%増、2016年は2月度まででも前年比約45%増で推移(日本政府観光局(JNTO)調査)しており、観光ビザの取得要件の緩和などもあり訪日旅行需要が拡大している。また今後はビジネスでの訪日ニーズも高まることが予想されており、今回「訪日インドネシア人向け情報」に特化した専用Webサイトを立ち上げることとなりました。
「NOREN」サイトでは単なる情報発信だけではなく、利用者からの様々なニーズに対応すべく専用メールアドレスを設置し、訪日に関連する疑問や問題などに対応してまいります。

■「NOREN」サイト概要
1.在日インドネシア人が配信
日本に居住するインドネシア人が、日本に住んでいるからこそ知りえる日本のローカル情報や最新情報をインドネシア国内向けに配信します。Fantasia内には在日インドネシア人が複数在籍しており、彼らの経験や感性を反映させたメディアとなっています。

2.インドネシア人専用の有益な1対1の日本の最新情報
全世界に向け、多言語に翻訳された日本国内情報ではなく、インドネシア人のみに向けて情報を発信します。例えば記事内容は「日本に旅行したら行くべきレストランBest10」ではなく「ジャカルタっ子が行くべき東京のレストランBest10」といった風に、各記事がインドネシア人向けになっています。また、インドネシア人の約80%を占めるイスラム教徒への配慮がなされた内容となります。

3.完璧なインドネシア語
自動翻訳や教科書的な文章ではなく、インドネシアで実際に使われている言葉なども交えながら、より多くの情報に対してリアリティをもって正しく伝えることに重点をおいているため、すべての記事をインドネシア人マネージャーの監修のもと、在日/在インドネシアのネイティブインドネシアンが翻訳をおこなっています。

4.Web媒体をベースに2国間の関係強化
今後は、日本国内メディアとも連携しより多くの日本の情報を正確なインドネシア語でスピーディーにインドネシアに向けて発信する準備を進めています。
また、「NOREN」を通じて発生する新たなビジネスニーズに対して、Fantasia合同会社が持つインドネシア経済界とのネットワークを活用し、新規事業開発の支援業務をおこないます。正式なサービス開始前ですが、既に自治体や大学、医療・介護業、飲食業、ウエディング業などの事業者より支援依頼が入っています。

■会社概要
商号   : Fantasia合同会社
代表者  : 共同代表: マンスル カミラ  共同代表: 野々宮 秀樹
所在地  : 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目23-5-1405
設立   : 2016年1月
事業内容 : アジア圏における事業開発およびその支援
資本金  : 1600万円
URL   : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。