logo

多くの企業が年度末を迎える3/31を「経理の日」に登録

登録を記念し「経理の日」にちなんだランキングを発表、 身の周りで最も業務効率化を成し遂げたモノはロボット掃除機、お金の管理を任せたい有名人の1位は・・・

業務ソフトウェア「弥生会計」を提供する弥生株式会社(本社: 東京都千代田区、代表者: 岡本 浩一郎、以下 弥生)と、弥生グループで、クラウド請求管理サービス「Misoca(ミソカ)」を開発・運営する株式会社Misoca(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:豊吉 隆一郎、以下 Misoca)は、多くの事業者が年度末を迎える3月31日を、「経理の日」として一般社団法人 日本記念日協会に登録しました。





弥生とMisocaは、「経理の日」を記念し、20歳~69歳の男女を対象とした、「お金の管理を任せたい有名人」と、経理を通じた業務の効率化を目指す弥生とMisocaにちなんだ「2015年度身の周りで最も業務効率化を成し遂げたモノ」に関しての調査ランキングを発表します。

経理の日登録の経緯
多くの企業が決算日を迎える3月31日は、会計年度の最終日として重要であるとともに、経理業務の区切りとしても大事な日です。弥生とMisocaは、3月31日を、経理業務の大切さを認識し、新たな気持ちで新年度迎える日として「経理の日」と定め、このたび日本記念日協会より認定を受けました。

「お金の管理を任せたい有名人」
お金の管理を任せたい有名人の第1位はジャーナリストの池上彰さんという結果になりました。ジャーナリストとして客観性・先見性のある報道や、テレビで見る誠実な人柄から、不正をしない・管理能力があるとの評価につながったようです。
[画像1: リンク ]

「2015年度 あなたの身の周りで最も業務効率化を成し遂げたモノとは?」
家事の時間を効率化するロボット掃除機が1位という結果になりました。また、スマホやタブレットが上位に入り、今や効率化になくてはならないツールとなっていることが、アンケート結果から伺えます。

[画像2: リンク ]

<調査概要>
調査エリア   :全国
調査対象者 :20歳~69歳 男女
対象者条件 :有職者
回収サンプル数 :404サンプル
調査期間 :2016年3月18日~3月22日

弥生とMisocaの社名の由来
弥生とMisocaは、それぞれの社名が、事業者の経理業務を効率化し、お客さまの業務を楽にしたいという想いから命名しています。(弥生:旧暦の3月、中小企業の決算月が3月に集中していることから、中小企業の経理を楽にしたいという想いから命名、Misoca:晦日、毎月の最終日。毎月の請求業務を効率化したいという想いから命名)、3月31日は両社の社名が重なる日でもあります。

【弥生株式会社の概要】
本社所在地:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 21F
代表者:岡本 浩一郎(代表取締役社長)
創 業:1978年
株主:オリックス株式会社(99.9%)
事業内容:業務ソフトウェアならびに関連サービスの開発・販売・サポート
URL:リンク

<弥生シリーズ>
会計ソフト、確定申告ソフトをはじめ、スモールビジネスの業務を効率化する業務ソフトを揃えています。利用目的や事業規模に合わせたグレードや、デスクトップアプリやクラウドアプリなど、お客さまのニーズにあった製品をお選びいただけます。登録ユーザー数:140万以上(2016年1月)
[画像3: リンク ]


【株式会社Misoca概要】
[画像4: リンク ]



本社所在地:愛知県名古屋市東区泉1-11-6 ミソカビル2F
代表者:豊吉 隆一郎(代表取締役)
創 業:2011年
株主:弥生株式会社(100%)
事業内容:クラウド請求サービス「Misoca」の開発・運営
URL:リンク

<Misoca>
[画像5: リンク ]



PCやスマートフォンで、請求書や見積書、納品書などが作成、配信・発行できるサービスです。
登録ユーザー数:90,000(2016年2月)
取扱い請求金額:月間102億円




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。