logo

マイナス金利の影響で急成長!?ソーシャルレンディング「Lucky Bank」が、累計募集金額40億円を突破!

ラッキーバンク・インベストメント株式会社 2016年03月31日 09時00分
From PR TIMES

好利回りで安定資産運用ができる不動産特化型ソーシャルレンディングが、40億円突破を記念して利回り10%のファンドを公開!

ラッキーバンク・インベストメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 田中翔平)は、2014年12月より開始した不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank(ラッキーバンク)」(リンク)が、2016年3月に累計募集金額40億円突破記念ローンファンドを公開しました。



[画像1: リンク ]

ソーシャルレンディングとは、個人からお金を集めて、人や会社へよりスムーズにお金を届けるサービスです。「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれ、目的に共感した一般の人が主役となる新しい金融のカタチです。

個人では投資することのできなかった大きい資金を必要とする投資案件へも「ソーシャルレンディングサービス」を活用することで、参加することが可能となりました。


[画像2: リンク ]


サービス好調の背景として、マイナス金利の影響で預金金利が下がる中、ソーシャルレンディングは好条件利回り、かつ少額から安定した資産運用ができるサービスとして日本でも注目を浴び始めている事が挙げられます。

また、インターネットによって手続きが簡略化され、スピーディに投資を実行出来ることも特徴的です。


[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



近年、「ITを駆使したお金に関わるツールやWEBサービス」を総称して呼ぶFintech(フィンテック)が注目を集めており、お金に関する様々なサービスが生み出されている中で、世界的に融資型クラウドファンディングも盛り上がりを見せています。

日本国内でも様々な事業などへ貸付を行う「経済的リターン」にフォーカスしたソーシャルレンディングサービスが登場し、地位を確立しつつある事や同サイトでは、「運用実績」(リンク)を公開することで、過去の運用実績と現在の運用状況を可視化し、リアルタイムにて反映、サービス運営状況をよりわかりやく、具体的に把握することを可能です。


[画像5: リンク ]


サービス関連プレスリリース一覧

・日本初の不動産特化型ソーシャルレンディングサービス「Lucky Bank」が、サービス開始10ヶ月で累計募集金額20億円を突破!(リンク

・ソーシャルレンディングサービス3社合同!融資型クラウドファンディングをテーマにしたイベント・セミナー「第2回 Financial Crowdfunding Meetup」の開催を決定!(リンク

・動員数、1.6倍へ拡大!楽しく・学び・知る!ソーシャルレンディングサービス3社合同イベント・セミナー「第2回 Financial Crowdfunding Meetup」増員を決定(リンク

・不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」、「返済実績一覧」と「ファンド運用状況一覧」を公開!(リンク

・累計募集金額25億円を突破!不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」が、記念ローンファンドを公開(リンク

・不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」、30億円突破記念ローンファンドを公開!計3ファンド、2億5千万円が2分強で完売!(リンク

・投資リテラシーの強化と金融知識の向上を目指して!エコノミストと考える、ソーシャルレンディング勉強会!(リンク

・【メディア向け】過去最大の4社合同!P2Pレンディング・ソーシャルレンディングって何?国内外ソーシャルレンディングの動向を探る、「メディア向けソーシャルレンディング勉強会」を開催。(リンク)

ラッキーバンク・インベストメント株式会社 会社概要

[画像6: リンク ]




「代表者」代表取締役社長 田中翔平
「所在地」東京都中央区八重洲一丁目1番地3号壽ビル9階
「設立」2014 年(平成26年)5月1日
「資本金」15,000万円
「URL」リンク
「事業内容」ソーシャルレンディングサービス
「貸金業」東京都知事 (1) 第31541号
「金融商品取引業」関東財務局⻑ (金商) 第2807号
「宅地建物取引業」東京都知事 (1) 第97921号
「会員番号」日本貸金業協会 会員 第005853号、第二種金融商品取引業協会 会員 第307号

※投資に関するご注意
ラッキーバンクへの投資は元本回収及び収益分配を保証するものではありません。投資の検討に際しては、募集ページ、匿名組合契約約款、契約締結前交付書面等をよくお読みください。投資意思決定は自己責任にてお願いします。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事