logo

「実践女子学園創立120周年記念事業」日野キャンパス第3館が竣工、学園創立120周年記念整備事業が完了 -- 実践女子大学

実践女子大学 2016年03月31日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人 実践女子学園(東京都日野市、理事長 井原徹)は、かねてから進めていた創立120周年記念整備事業の2期日野校地整備計画のうち、第3館新築工事が竣工し、3月24日(木)、日野キャンパスにて完成記念式典・祝賀会を開催した。


 第3館竣工をもって、創立120周年記念整備事業(渋谷校地の中高体育館、実践桜会会館、創立120周年記念館の新築、日野校地の既存校舎改修・解体および第3館の新築)が完了し、両キャンパスでの充実した施設・設備が本格稼働した。

 第3館は、延床面積2,475平方メートル、講義室が主体の4階建。新たに作られた広場(プロムナード)と一体となった大きな吹抜空間は、学生が憩い交流する場所となるとともに、プレゼンテーションや講演などにも使える大階段があり、1階に置かれた教員研究室とつながったアクティブ・ラーニング・スペースと連携して多様な利用が可能な空間となっている。また、太陽光熱を利用した重力換気システム、サーマルチューブによる地中温度の採熱など、環境にも配慮した建物となっている。

 本事業により、大学・短大の文社系学部・学科は渋谷キャンパスに、実験実習を中心とした生活科学系学部・学科は日野キャンパスに集約され、渋谷は女性の生涯学習の拠点でもある都心型キャンパス、日野は地域中核型キャンパスとしてさらなる教育・研究活動の充実へと邁進する。

・創立120周年記念整備事業1期渋谷校地整備計画
 リンク
・創立120周年記念整備事業2期日野校地整備計画
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 実践女子学園 総合企画部
 TEL: 042-585-8804

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。