logo

南寧市が中国の2015年幸福都市トップ10入り

Nanning Municipal Bureau of News 2016年03月30日 14時51分
From 共同通信PRワイヤー

南寧市が中国の2015年幸福都市トップ10入り

AsiaNet 63924(0393)

【南寧(中国)2016年3月30日新華社=共同通信JBN】広西チワン族自治区の南寧市がこのほど中国の幸福都市(Happy City)10選の一つに選ばれ、中国中央テレビ(CCTV)の番組「みんなの声・みんなの暮らし」(Everyone’s Voice Everyone’s Life)で表彰式が行われた。

南寧市の周紅波市長は表彰式で受賞する際、交通、医療、食品の安全など10の分野で市民を中心に置く政策を今後とも実施していくことを表明した。周市長はまた、南寧が交通先端都市に変身しつつあるとし、近く導入予定の地下鉄や公共交通ネットワークの改良、新エネルギーバスの利用拡大、公共自転車などの利用拡大により、より使いやすい交通環境が市民のためにより良い暮らしを提供すると述べた。

CCTVの「みんなの声・みんなの暮らし」の番組チーフディレクター、ジアン・シミン氏は、調査の結果は国民の幸福度が全般的に上向いていることを反映し、南寧では自分たちの暮らしぶりが全国平均に比べてより幸福であると感じている回答者が多かったこともトップ10入りに寄与していると説明した。

南寧市政府は、社会保障、医療、教育、生活環境などを含む市民生活上の問題の解決に努めており、その努力は市民の生活の質の向上につながり、市民がより幸福で希望を膨らませていることにつながっている。昨年の市政府事業の報告書を見れば、南寧の経済・社会部門が力強く改善していることを理解するのは難しくない。

幸福都市10選のほか、南寧は国家エコロジーガーデン都市、国家科学技術進歩モデル都市、国家市民・軍人相互支援モデル都市、国家Eコマースモデル都市などの称号もあり、市民はこのような都市に住むことを誇りにしている。

ソース:Nanning Municipal Bureau of News

写真リンク:
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。