logo

東南アジア初の「ららぽーと」2021年オープン予定 「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーとクアラルンプール」事業参画決定


三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、この度、シンガポール子会社(三井不動産アジア)を通じて、マレーシアの首都クアラルンプールにて東南アジア初の「ららぽーと」となる「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーとクアラルンプール」の開発に着手することを決定し、3月28日に共同事業者と基本協定書を締結いたしました。今後は2017年初旬の着工、2021年のオープンを目指してまいります。

当社グループは、クアラルンプール中心市街地にてUda Holdings Berhad(以下「Uda社」)およびBBCC Development Sendirian Berhad(以下「BBCCD社」)が推進する、商業施設・オフィス・住宅・ホテル他で構成される大規模複合開発「ブキッ・ビンタン シティ センター プロジェクト(以下「BBCCプロジェクト」)における、商業施設部分に事業参画し、「三井ショッピングパーク ららぽーと」の開発・運営を行います。

本商業施設は、クアラルンプールの中心商業エリアであるブキッ・ビンタンから至近距離に位置し、モノレール2路線の駅に直結していることに加えて、2017年には新たに開通予定のMRTの駅にも歩行者デッキでアクセス可能となる予定です。また、都心部の主要道路や高速道路へのアクセスも良く、クアラルンプール市に限らず広い商圏からの来客を見込んでおります。

本商業施設は、マレーシアの堅調な個人消費や高度化・多様化している消費者志向に対応するため、約80,000m2の店舗面積の中にハイエンドブランドから生活必需品まで幅広い約300店舗の構成とし、テーマごとにゾーンを特定し、テーマに沿った店舗構成とするなどマレーシア初のライフスタイル提案型の、ワンストップ商業施設を目指します。

また、当社グループの100を超える国内外の商業施設での開発・リーシング・運営により培ったノウハウを最大限にいかして、マレーシアでも人気の高い日系店舗をファッション、物販、飲食の各カテゴリーで誘致し、競合施設との差別化を図ってまいります。

【三井不動産の海外戦略について】
当社グループは海外事業を成長分野の一つに位置付け、2015年5月に公表した2017年度までのグループ中長期経営計画「イノベーション2017ステージII」では、2015~2017年の3か年で欧米・アジアにおいて約5,500億円の投資を行うことを表明し、現在順調に進捗しています。
アジアでは2011年に「杉井アウトレット広場・寧波」を、2015年5月に「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」を、そして今年1月には台湾で「三井アウトレットパーク 台湾林口」を開業するなど、アジアで拡大する消費を積極的に取り込み、現地に貢献しながら早期に利益を拡大すべく、積極的に事業を推進しています。マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、中国では住宅事業も展開しており、アジアでの事業が拡大しています。

【三井不動産のマレーシアでの商業施設事業について】
マレーシアにおいては、2015年5月にクアラルンプール初の本格的アウトレットモールである「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」をオープンし、当初の想定を上回る集客により順調に売り上げを伸ばしています。マレーシアは安定した雇用と若年層の多い人口構成を背景に、今後も個人消費の伸びが期待できる有望なマーケットであると認識しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事