logo

チケット購入型クラウドファンディング「ENjiNE」LINEが新たに提供する「Official Web App」公式の初期連携パートナーに認定          

株式会社Relic 2016年03月30日 09時35分
From PR TIMES

株式会社Relic(東京都豊島区、代表取締役CEO:北嶋貴朗)は、当社が提供するチケット購入型クラウドファンディング「ENjiNE」(リンク)がLINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)の新たに提供する「Official Web App」公式の初期連携パートナーに認定されましたのでお知らせ致します。



[画像: リンク ]


▼Official Web Appとは
「Official Web App」とは、導入企業のWebサービスとLINEアカウントを連携させ、LINEアカウントを起点に集客・アクション誘導・リピート促進まで、ユーザーの行動をLINEアプリ上でシームレスに完結させることができる仕組みです。ユーザーは、他のアプリやサービスの追加インストール・利用登録を行う必要無く、LINEアプリ1つで様々なサービスを簡単・便利に利用できるようになります。これにより、LINE経由でのサービス利用やアクションが大幅に増加することが見込まれます。具体的には、ENjiNEは、「オートログイン」機能を通じて、当該アカウントをフォローし、サービス利用時にLINE ログインに同意するだけで新規会員登録のプロセスを省略することができたり、商品やサービスの予約・購入・問い合わせ時には個人情報入力サポートツール「プロフィール+」機能を通じ、あらかじめLINE に登録しておいた情報をユーザーの意志に基づき簡単に利用・入力できたりするようになります。*実名や住所等の個人情報につきましては、ユーザーの同意なく利用・提供されることはありません。

初期連携パートナーであるクラウドファンディング「ENjiNE」のLINEアカウントは、LINE内の検索やLINE内各種ページで露出されることで、数多くのユーザーにリーチすることが可能になります。

今後当社では、LINEを利用する国内6,800万人以上の登録ユーザーに対して、クラウドファンディング「ENjiNE」のサービスを会員登録や決済の手間なく利用できるようにすることで、これまでのクラウドファンディングサービスがリーチ出来ていなかった幅広いユーザーに対して提供する予定です。これにより、国内クラウドファンディング市場の急速な拡大・発展を狙うとともに、2016年度内に国内No.1のクラウドファンディングプラットフォームとなることを目指して運営して参ります。

「Official Web App」上でENjiNEを展開する際には、LINE LoginやLINE Payの機能を実装し、LINE上で新たに情報を入力・登録する手間なく、会員登録~決済までを簡単に実施できるサービスを実現した上で、2016年7月からの提供開始を予定しております。

▼チケット購入型クラウドファンディング「ENjiNE」
ENjiNEはユーザーが支援した金額に対して物品やサービスを対価として提供する購入型クラウドファンディングに分類されます。特徴は対価の提供を物品の引換券に相当する「チケット」販売という形態にしている点です。また、そのチケット自体の流通を自由化することで、現状のEコマース市場を中心に世界中のユーザーに対して広くリーチ・販売することを可能にした、世界初(※)の形態となるクラウドファンディングプラットフォームです。

※詳細は下記プレスリリースを参照ください。
リンク

会社概要
・商号: 株式会社Relic (Relic Inc.)
・代表取締役CEO: 北嶋 貴朗
・設立: 2015年7月
・主な事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」の運営、
マーケティング・営業支援プラットフォーム「Booster」の運営
インキュベーションプログラム運営支援サービス「ignition」の運営
・メール: info@relic.co.jp
・電話: 03-5842-1895

・「ENjiNE」Instagram:リンク
・「ENjiNE」Facebook:リンク
・「ENjiNE」Twitter:リンク

※2016年2月時点、クラウドファンディングプラットフォームにおいて世界初(当社調べ)

■本件に関するお問い合わせ■
株式会社Relic(江城 祐太)
Mail:info@relic.co.jp
Tel:03-5842-1895

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事