logo

福井駅前に、県産材使用ベンチ(マーベルウッド)が設置されました。

株式会社マーベルコーポレーション 2016年03月29日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月29日

株式会社マーベルコーポレーション

福井駅前に、県産杉材使用のベンチが設置されました。

福井駅前西口広場にて、県産材利用の「マーベルウッド」ベンチが設置されました。
新幹線延伸を目前に控えた福井駅では、県外からのお客様を出迎えるべく、
駅前広場の整備が急ピッチで行われてきました。
そして、この3月下旬にようやく完成し、一般に開放されました。
コンクリートや鉄骨などの無機質な素材の施設が多く建設されている中で、
県産の無垢の杉材を使用した環境配慮型高耐久保存処理木材の「マーベルウッド」
で製作された駅正面の植栽ベンチの背もたれと、バス停のベンチは、景観に安らぎと
温かみのある優しさを演出してくれていると思います。
地域で産出される自然素材の杉材を、マーベルウッド(イミダクリプリド・
シプロコナゾール・IPBC・DMPAP の4種類の有機薬剤を純国産の技術で製剤化
したJWPA認定の新薬剤を加圧注入処理した木材)として加工し、屋外での高い耐久性
と周辺環境への影響性の低減を同時に両立させた木製品として、この福井駅前でも
ベンチ材として採用されました。2014年10月には、経済産業省の「新連携事業」
としての認定も受けており、今回の福井市での採用実績は、「木材産業」と「化学工業」
との新しい連携での技術力による「木材のイノベーション」によって実現できた事例
だと思います。世界でも類を見ない「重金属を使用しない無色透明な加圧注入処理木材
でありながら、圧倒的に成分溶脱率の低い環境性能の高さ」という技術的特徴
により、国産材の屋外での本格的な使用を促進する実績としても、重要な事例だと
思います。
「マーベルウッド」は、輸入外材や合成木材に頼らずに、無垢の国産材をそのまま
使用しながら屋外での耐久性と環境性を両立させ、木製品の長寿命化による
地球温暖化防止策としての、木材内でのCO2貯蔵を進めていく、新しいタイプの
環境製品であると、言えると思います。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。