logo

世界のリテールに奇跡を起こす名創優品「メイソウ」

MINISO名創優品「メイソウ」 2016年03月28日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

世界のリテールに奇跡を起こす名創優品「メイソウ」

AsiaNet 63899 (0383)

【東京2016年3月25日PR Newswire=共同通信JBN】日本のデザイナー、三宅順也氏と中国の若い起業家、葉国富氏が2013年に共同創業した一番人気のリテールストア、名創優品「メイソウ」は2015年、わずか2年にして世界に1400以上の店舗をオープンした。2015年の売上高が50億元を上回った名創優品「メイソウ」は、爆発的な成長と拡大を遂げた。名創優品「メイソウ」は2016年、100億元を目指して急成長を続ける。名創優品「メイソウ」のケースは世界でも近年まれなものである。

▽名創優品「メイソウ」の成長
上質なファッショナブル、カジュアル製品消費分野のアドボケーターとして、名創優品「メイソウ」は「高品質、低価格、フルテクスチャー」のブランド哲学を採用している。この哲学は、最高の消費者向け製品をデザインするために使われている。名創優品「メイソウ」ストアの製品価格は10 元から29元で、幅広い消費者向けのものである。名創優品「メイソウ」ストアは人気が高く、他店への客の出入りを増やしている。

2015年の名創優品「メイソウ」の拡大スピードは世界最速だったといわれている。

▽名創優品「メイソウ」の究極の武器は「four goods(4つの美点)」
名創優品「メイソウ」は当初、消費者の注意を引くためにストアのデザインと装飾に集中した。次いで上質なサービスを実践して、消費者が低価格でありながら高品質の製品を気軽に選んで体験できるようにした。装飾、サービス、高品質、低価格は結びついて分割できない。名創優品「メイソウ」はそれを「four goods(4つの美点)」と呼んでいる。

名創優品「メイソウ」はこの4要素のいずれが欠けても繁栄せず、成長を続けることもできない。

名創優品「メイソウ」は消費者の期待を高め、彼らのニーズに対応し、クライアントに幸せをもたらし、最高のショッピング体験を与える製品をそろえた。

停滞気味のリテール業界の中で、名創優品「メイソウ」は自己完成と品質向上を継続した。これが名創優品「メイソウ」を困難な状況で「冷やさず」「ホット」にする秘訣である。

ソース:MINISO

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事