logo

テンプル大学ジャパンキャンパスが4月1日に「2016年TUJ学生映画祭」を開催

テンプル大学ジャパンキャンパス 2016年03月28日 08時05分
From Digital PR Platform


テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長ブルース・ストロナク/TUJ)は、4月1日(金)に「2016年TUJ学生映画祭(TUJ Student Film Festival 2016)」を開催する。今年上映されるのは9作品で、例年と同じく企画、撮影、編集から字幕まですべて学生が手掛けたもの。さまざまな国籍の学生によるバラエティ豊かなテーマやジャンルの作品を一般公開する。入場無料。上映される全作品に日本語または英語の字幕が付けられる。


 この映画祭は、2005年から学部課程コミュニケーション学科の授業の一環として開催されているもので、今年で11回目を数える。単位取得の対象となる授業で、企画、運営、開催のすべてを学生が手掛ける。学生にとっては、作品募集から選考、上映会の告知や当日の運営までを通して学べる貴重な機会。成績評価は字幕付け、イベントの企画・実行、マネジメントなどの観点から行われる。

 上映作品は学内で公募したもので、TUJの学生なら誰もが応募できる。今回は31の応募作から個性豊かな9作品が選考された。制作者の国籍は、今年も日米のほかフィンランド、フィリピン、ロシア、イギリス、インドネシアと多岐にわたる。

 映画祭当日は、『マーサ・あるいはマーシー・メイ』(2011)で賞を受賞したプロデューサー、パトリック・カニングハム氏がゲストとして講評に駆けつける予定。(カニングハム氏プロフィール(英語) リンク )

 2016年アカデミー賞では、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学本校で学んだ映画監督のアダム・マッケイ氏が、『マネー・ショート』(日本では2016年3月公開作品)で、脚色賞を受賞した。その他にも、テンプル大学のメディア・コミュニケーション学部およびシアター/フィルム/メディアアーツ学部は、ハリウッドで活躍する映画製作者を多数輩出している。
(参考記事)リンク

◆TUJ Student Film Festival 2016
【日 時】4月1日(金)19:00~21:10 (開場18:30)
【会 場】テンプル大学ジャパンキャンパス麻布校舎2F(212/213教室)
※入場無料(事前申込不要。軽食付き)
※上映作品はすべて日本語または英語の字幕付き 
TUJ学生映画祭: リンク
コミュニケーション学科: リンク


▼本学ウェブニュースリンク
リンク (日本語)
リンク (英語)


▼本件に関する問い合わせ先
 テンプル大学ジャパンキャンパス 広報・マーケティングサポート部
 〒106-0047 東京都港区南麻布2-8-12
 TEL: 03-5441-9801(平日9:00~17:30)
 FAX: 03-3452-3075
 E-mail: tujpr@tuj.temple.edu
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。