logo

『MFクラウド給与』提供開始から1周年を迎え『MFクラウド会計』と連携開始

株式会社マネーフォワード 2016年03月25日 15時28分
From PR TIMES

~給与計算にもとづき自動的に仕訳を起票~

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO :辻庸介、以下「当社」)は、2016年3月25日より、クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』とクラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』の連携を開始いたしました。本連携により、『MFクラウド給与』で確定された給与データの、『MFクラウド会計』への取り込みが可能となり、自動的に仕訳が起票されるようになります。



[画像: リンク ]



通常、企業における給与計算の担当者は、専用ソフトやエクセルなどで従業員の給与計算を行い、確定した給与額にもとづいて明細の発行や振込の手続きなどを行います。さらに、経理担当者が確定した月々の給与金額を会計ソフトに仕訳として入力をする必要があり、作業の手間や時間が発生しています。今回の連携により、給与額を確定すると『MFクラウド会計』内で自動的に仕訳が起票されるため、手入力の手間の削減や転記ミスの防止が可能になります。

また、2016年3月に、『MFクラウド給与』提供開始から1周年を迎え、様々な企業への導入が進んでいます。下記、ユーザーからの声や導入事例を一部ご紹介します。

【ユーザーの声】
・ Web明細を利用することで、社内のペーパレス化につながった
・ インストール型から切り替えをしました。クラウドなので複数のファイルをバージョン管理しなくて良いのでとても便利です。
・ 改善のスピードが速くて驚いています。これからも期待しています!

【導入事例】
会社名:土井電機株式会社(東京都渋谷区)
業種: 製造業、介護事業、不動産事業
従業員数:50名未満
導入のきっかけ:
・会計事務所や社労士事務所とのデータのやり取りをなくしたかった
・クラウドサービスを活用し、社内のバックオフィス業務を効率化したかった
・顧問税理士の勧めで導入を決めた
導入効果:
・『MFクラウド会計』と併用することで、データのやり取りの時間が不要になったおかげで、税理士さんとの打ち合わせ時に業績アップや経営について深く話せるようになった
・人件費、システム利用料ともに大幅なコストダウンにつながった
・クラウド型勤怠管理システム『King of Time』の勤怠データがボタン一つで『MFクラウド給与』に自動連携するため、大幅に手間が削減できた
事例URL:リンク

◆◇クラウド型給与計算ソフト『MFクラウド給与』の概要◇◆
「迷わない、間違えない、二度手間がない」をコンセプトに、幅広い業界でご利用いただけるサービスです。
U R L:リンク
利用料金:フリーミアム(従業員数に応じて変動)
特  長:・初期費用0円。
・MacでもWindowsでもOSを問わず使える。
・クラウドなのでバックアップも万全、アップデート不要。
・複数名でリアルタイムにデータ共有。社員間や顧問税理士や社会保険労務士とのコミュニケーションが容易に。
・Web明細機能でペーパレス化を実現。
・各種保険料の料率、税率の自動アップデートで間違えない。
・クラウド型マイナンバーソフト『MFクラウドマイナンバー』との連動(2016年秋予定)。
・クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』との連動

■株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』 リンク
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 リンク
会計ソフト『MFクラウド会計』  リンク
請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 リンク
入金消込ソフト『MFクラウド消込』 リンク
給与計算ソフト『MFクラウド給与』 リンク
創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』 リンク
マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 リンク
経費精算ソフト『MFクラウド経費』 リンク
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』 リンク
・マネーフォワードFintech研究所 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事