logo

アート・バーゼルが新たなイニシアティブ、アート・バーゼル・シティズに着手

アート・バーゼル 2016年03月24日 17時53分
From 共同通信PRワイヤー

アート・バーゼルが新たなイニシアティブ、アート・バーゼル・シティズに着手

AsiaNet 63878

バーゼル(スイス)、2016年3月24日/PRニュースワイヤー/ --

アート・バーゼルは、アートの世界への関わりをアートフェアの開催から拡大し、各都市と手を組んで国際色豊かな文化的イベントを展開する新たな取り組み、アート・バーゼル・シティズ(リンク )を発表しました。アート・バーゼル・シティズは、世界中のカルチャーシーンを発見し、触れ合う機会をアートの世界に提供します。この取り組みの一環として、アート・バーゼルは厳選した都市と共同で、活気がありコンテンツ中心の、その都市独自のプログラムを開発し、アート・バーゼルのネットワークを通じてグローバルなアートの世界につなげます。

アート・バーゼルはその専門知識、ネットワーク、コミュニケーション・チャネルを利用して各都市の文化的景観の発展を支援します。提携都市でユニークなアートイベントを開催するほか、プログラムでは世界のアート・バーゼルの観客と関わるプラットフォームを追加した上で、これらの都市からアート・バーゼルの展示会にプロジェクトを戻します。

新たに編成した諮問委員会が、アート・バーゼルのビジネス・イニシアティブ担当ディレクターと共にこの新たな戦略イニシアティブを展開します。諮問委員は、デイビット・アジャイ、Fusun Eczacibasi、リチャード・フロリダ、ジャック・ヘルツォーク、サム・ケラー、ウィリアム・リム、サイモン・モーダント・AM、Lars Nittve、アン・パステルナーク、パトリツィア・サンドレット・レ・レバウデンゴ、デニス・ショール、ウリ・シグ、マイケル・テイらです。

アート・バーゼルがある都市との提携を決定すると、その都市の文化遺産、インフラ、資源、およびそれらが都市の経済的、文化的開発ビジョンとどのように適合するかを詳細に監査する一端として、地元アートシーンの主な利害関係者たちとの協議プロセスに入ります。監査のプロセスでアート・バーゼルは、都市計画の専門家であるリチャード・フロリダ設立の世界的コンサルタント会社、クリアイティブ・クラス・グループと連携します。

詳細はartbasel.com/citiesまでご覧ください。

プレス問い合わせ先
Art Basel,Dorothee Dines, press@artbasel.com
SUTTON, Jenny McVean,jenny@suttonpr.com
+41-(0)58-206-27-06

情報源:アート・バーゼル


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事