logo

グローバルなコンテスト 「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」第3回で、日本から参加の東京大学「THE GLOBALISTS」がセミファイナリストに

ヴァレオグループ 2016年03月24日 15時19分
From PR TIMES

グローバルなコンテスト「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」第3回のセミファイナリストが70名の専門家により選出され、3月18日に発表されました。東京大学「THE GLOBALISTS」をはじめとする日本、ベルギー、デンマーク、エジプト、フランス、ドイツ、インド、マレーシア、メキシコ、スペイン、トルコ、米国の4大陸12カ国の24チームが第2ステージに進みます。



[画像: リンク ]

この「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」第3回のセミファイナリスト24チームのうち、13チームが「最優秀発明賞」のカテゴリー、日本チームを含む11チームが「自動車の新しい活用に関するベストアイディア賞」のカテゴリーに応募したチームです。

これらのチームは、ヴァレオから提供される助成金5,000ユーロを使って、7月15日までに自分たちのアイデアを検証、改善し、試作品を作成します。第2ステージ終了後、両カテゴリーから合わせて8チームのファイナリストが選出され、パリモーターショーの期間中にプロジェクトを発表することになります。

ヴァレオの会長兼最高経営責任者であるジャック・アシェンブロワを議長とし、応募プロジェクトの多様な分野を網羅するべいく科学、芸術、政治経済分野の外部の有識者とヴァレオの専門家によって構成された審査員団が選考にあたります。

各カテゴリーの優勝チームには賞金として10万ユーロ、2位のチームには1万ユーロが授与されます。

「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」は、世界の学生たちに2030年の自動車をよりスマートで直観的にする製品やシステムをデザインすることで自動車のイノベーションに自ら関わる機会を提供するものです。詳しくは専用サイト(英語)をご覧ください。

リンク

「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ」は、イノベーションと研究開発がヴァレオにとっての最優先事項であることを示すものです。ヴァレオの研究者たちは日々たゆまず明日の自動車に向けたイノベーションを開発すべく研究にいそしんでいます。

多くのヴァレオのR&Dプログラムは、CO2の排出量削減と直観的なドライビングの推進に貢献する技術開発に注力したものです。ヴァレオはフランス屈指の特許出願数を記録しており、OEM向け売上の11%近くを研究開発に割いています。世界各地の52カ所の研究開発センターでは11600名の研究者たちが革新的な製品と技術の開発にいそしんでいます。ヴァレオは幅広い分野で革新的な新製品と新技術を開発しており、受注のうち37%を占めています。

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。2014年度のヴァレオグループの売上高は約127億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、30カ国に134カ所の工場、17カ所の研究センター、35カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約82,800人の従業員を擁しています。
ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。
ヴァレオグループの詳細については、www.valeo.co.jpをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。