logo

DiGJAPAN!が路線バス事業者と初のコラボレーション 「DiGJAPAN!」アプリ 宮崎エリアをリリース

県内人気観光地に加え、最寄りのバス停・時刻表を掲載

株式会社昭文社は、訪日外国人観光客向け無料観光アプリ「DiGJAPAN!」にて、宮崎県のご協力のもと、宮崎交通株式会社とのコラボレーションにより宮崎エリアを2016年3月よりリリースしましたことをお知らせいたします。宮崎交通では路線バス利用の県内観光を提案すべく、2015年11月に外国人専用フリーパス乗車券「VISIT MIYAZAKI BUS PASS」を発売。宮崎県への訪日客向けの取り組みを強化しており、その施策の一環として今回のコンテンツ提供が企画され、訪日前の旅行客へのリーチに強みを持つ「DiGJAPAN!」と連携することになりました。「DiGJAPAN!」初の路線バス事業者とのコラボとして、県内の人気観光施設最寄りのバス停に関し、バス停番号や位置(上下線整備)のほか、時刻表、モデルルートを翻訳し掲載するといったインバウンド対応を行い収録。訪日前に路線バスを利用した旅行プランニングが可能となっています。




 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向け無料観光アプリ「DiGJAPAN!」にて、宮崎県のご協力のもと、宮崎交通株式会社(以下宮崎交通)とのコラボレーションにより宮崎エリアを2016年3月よりリリースしましたことをお知らせいたします。
 今回は「DiGJAPAN!」初の路線バス事業者とのコラボレーションということで、これまで定評をいただいてきた定番の観光スポットに加えて、県内の人気観光施設最寄りのバス停をインバウンド対応し収録。
 時刻表やモデルルートも表示し、訪日前に路線バスを利用した旅行プランニングが可能となりました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

 2015年の訪日外国人観光客数は、約2,000万人を記録、今年に入ってからもその勢いは続いています。訪日客が求める日本旅行は新たなフェーズに移行し、個性ある観光スポットやグルメと日本ならではの自然や食、文化が楽しめる地方へと注目が集まっています。
 またリピーターも増える中、今後FIT(外国人個人旅行者)が増加すると予想されることから、宮崎交通では路線バス利用の県内観光を提案すべく、2015年11月に外国人専用フリーパス乗車券「VISIT MIYAZAKI BUS PASS」を発売。宮崎県への訪日客向けの取り組みを強化しており、その施策の一環として今回のコンテンツ提供が企画され、訪日前の旅行客へのリーチに強みを持つ「DiGJAPAN!」が媒体として選ばれました。
 当社は今後も「DiGJAPAN!」をはじめとする訪日外国人観光客向けのインバウンドサービスを展開し、訪日外国人観光客を誘致したい自治体や企業に向けて新たなソリューションを提案してまいります。

■DiGJAPAN!宮崎エリアの特長
●宮崎県内の観光名所、特産品、路線バス情報を網羅
 今回のコンテンツは、英語、韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語、タイ語※1の5言語で、「日南海岸」「高千穂」「霧島」など県内100か所以上の観光スポット、「地鶏炭火焼」「宮崎牛」などの特産品を掲載。
 そして最大の特長である「VISIT MIYAZAKI BUS PASS」関連の情報として、インバウンド対応したバス停番号や位置(上下線整備)、時刻表、モデルルートを掲載。訪日前にじっくりと時間をかけて路線バスを利用したプランニングが可能となるだけでなく、オフラインでも閲覧できるようにすることで、通信環境がない場所においても、現在地から最寄りのバス停情報を取得できるようになっております。
「VISIT MIYAZAKI BUS PASS」の詳細⇒ リンク
※1  タイ語については一部項目を英語で代替

<コンテンツ例>

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]

●宮崎県観光Wi-Fiサービス「Miyazaki-Free-Wi-Fi」※2 スポットが検索可能に
 通常、当アプリで検索可能な無料公衆無線LANサービスに加えて、宮崎県が整備している「Miyazaki-Free-Wi-Fi」スポットが検索可能になります。
 「Miyazaki-Free-Wi-Fi」が利用可能なWi-Fiスポットは県内各地に広がっており、通信環境を探している訪日客をサポートします。
※2 掲載開始は2016年4月予定

■DiGJAPAN!とは?

[画像7: リンク ]

 「DiGJAPAN!」は、当社のインバウンド事業における訪日外国人観光客向けサービスブランドです。
 無料の日本旅行アプリ「DiGJAPAN!」は60万ダウンロードを突破しております。現在、英語、韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語、タイ語の5言語に対応。
 2015年12月にオープンしたウェブサイト( リンク )では、国別に異なるニーズを満たすコンテンツを配信しています。またアプリ同様、東京や京都だけでなく日本各地の観光情報をご提供しています。
詳しくはコチラ⇒ リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事