logo

「TeamSpirit」と「TeamSpirit人事マスター」をメジャーバージョンアップ~ 両サービスのSpring’16を同時リリース~

株式会社チームスピリット 2016年03月24日 10時00分
From DreamNews

変化に挑戦する人と企業の成功に貢献するクラウドサービスを展開する株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区 代表取締役:荻島 浩司)は、本日より、「TeamSpirit Spring’16」と「TeamSpirit人事マスター Spring’16」の提供を開始したことを発表します。
今回は、毎年3回実施しているメジャーバージョンアップの1回目です。
「勤怠管理」「工数管理」「経費精算」が連動し「電子稟議」や「SNS」と一体化することでオフィスワーク・オートメーションを実現するERPのフロントウェア最新版「TeamSpirit Spring’16(V5.60)」では、お客様のご要望にお応えして、下記の機能を追加・改良しました。
<<勤怠管理>>
● フレックスタイム制でフレキシブルタイム外に残業申請・早朝申請を行う場合の初期値を変更できるようになりました。
<<事前申請/経費精算 共通>>
● 支払先検索画面に振込先口座番号を追加しました。
<<工数管理>>
● 作業時間が0時間でも工数実績を月次確定できるように変更しました。
<<経費精算>>
● カード明細読込時に備考を入力できるようになりました。
● カード明細読込で円建てのカード明細に外貨の費目を選択できるようになりました。
● 店名検索に外部サービスを利用するか選択できるようになりました。
● 店名検索で外部サービスにない店名をキャッシュできるようになりました。
● スマホ領収書登録で必須項目を変更しました。
また、労務管理と原価管理を連動させるプロジェクト管理システムの最新版「TeamSpirit人事マスター Spring’16(V1.20)」でも、お客様のご要望にお応えして、下記の機能を追加・改良しました。
<<社員情報管理>>
● 社員情報に戸籍名のカナを格納できるようにしました。
● 入力画面に必須項目情報が表示されるようになりました。
<<マイナンバー管理>>
● TeamSpiritにて自身の個人番号が登録されているかを表示する際、マスキング表示するか、「登録済み」「未登録」表示にするかを設定で切り換えられるようにしました。
● 個人番号の表示画面にて、添付された画像の拡大や縮小、回転機能を追加しました。
● マイドメインを設定した組織に接続できるように接続先組織のドメイン名を設定できるようにしました。
● 支払調書受取人を登録する際、メールアドレスが未入力でも登録できるよう変更しました。
● マイナンバーログに記録される内容を操作単位となるように変更しました。
【TeamSpiritについて】
TeamSpiritはサービス開始4年で500社、65,000人に利用されているERPのフロントウェアです。既存の基幹システムにアドオンするだけで「勤怠管理」「就業管理」「経費精算」「工数管理」「稟議申請」をまとめてクラウド化することができ、面倒な事務作業を劇的に減らすことができるので社員の創造性を向上し、時間と場所にとらわれない新しい働き方を実現します。これまで提供してきたTeamSpiritとTeamSpirit Leadersに加え、TeamSpirit人事マスターとTeamSpiritマイナンバーエンジンがラインナップに登場することで、現場やバックオフィスでの面倒な事務作業を、これまで以上に減らし、創造的な仕事に使える時間を増やすことができます。
= TeamSpirit コンセプトページ =
リンク
≪主な機能≫
勤怠管理    :WEB打刻、Chatter打刻、ICカード打刻など多様な打刻方法に対応、
         残業時間のリアルタイム自動計算、勤務確定ワークフロー
就業管理    :休暇残日数管理、有休自動付与、休暇申請、各種承認申請
         ワークフロー、36協定等の管理
経費精算    :承認申請ワークフロー、経路探索(駅探連携)、交通系ICカード
         利用履歴取り込み、コーポレートカード利用履歴取り込み、
         領収書OCR登録、Uber領収書自動取り込み、プロジェクト別
         経費登録、EB振込データ作成、会計ソフト用仕訳データ作成
事前精算    :承認申請ワークフロー、出張手配(J’sNAVI Jr連携)、仮払い管理
工数管理    :日次工数登録、勤務時間連動、スケジューラ連動、日報作成
電子稟議    :汎用電子稟議、WEBワークフロー、各種申請連携
レポート出力  :勤務表印刷、労働時間集計レポート、ユーザーによるレイアウト
         変更自由
その他     :クラウドプラットフォームSalesforce App Cloudをバンドル、
         企業内SNS(Salesforce Chatter)搭載、スケジューラ搭載
≪TeamSpirit価格≫
ライセンス利用料:1ライセンス600円(税抜き)/月額
初期登録料   :150,000円(税抜き)/組織
詳細はWEBをご覧下さい。URL:リンク

【TeamSpirit人事マスターについて】
TeamSpirit人事マスターは、Salesforceと連携できる最も手軽な人事マスターです。TeamSpirit人事マスターでは、勤怠管理で毎?使うTeamSpiritの勤務表から、結婚したときや子供が生まれたときに出す届けなど組み合わせを確認して申請できるので、記載もれがありません。また、TeamSpirit人事マスターは?事管理者のみがアクセスできるシステム組織上に構築されています。一般社員からのアクセスを防ぎ、?切な社員の個人情報をセキュアに管理できます。
≪TeamSpirit人事マスター価格≫
ライセンス利用料:1ライセンス12,000 円(税抜き)/月額
詳細はWEBをご覧下さい。URL:リンク
≪利用条件≫
TeamSpiritが1ライセンス以上導入されている必要があります。

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、TeamSpiritを提供する企業向けクラウドサービス企業です。2011 年秋にsalesforce.com, Inc.と資本提携を締結し、Salesforceで実現する本格的な企業向け業務アプリケーションを開発・提供しております。「変化に挑戦するすべての企業と従業員の成功に貢献する」ミッションの実現に努めて参ります。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社チームスピリット マーケティングチーム
担当:飛鋪(ひしき)
TEL:03-4577-7510
e-mail:info@teamspirit.co.jp

*チームスピリット、TeamSpirit、フロントウェアは株式会社チームスピリットの登録商標です。
*Salesforce、Chatter、Sales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Salesforce Work.com、AppExchange、Salesforce Platform、および関連する全てのロゴは、salesforce.com,inc.の商標です。
*その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事