logo

VoiceBoxが先端技術投資のため科学諮問委員会設立を発表

VoiceBox Technologies Corporation 2016年03月24日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

VoiceBoxが先端技術投資のため科学諮問委員会設立を発表

AsiaNet 63866 (0368)

【ベルビュー(米ワシントン州)2016年3月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*著名な研究者が専門知識と戦略的ガイダンスでVoiceBoxの技術開発促進を支援

車両、モバイル、インターネット・オブ・シングス(IoT)製品向けコンテクスチュアル音声認識技術と自然言語理解(NLU)の世界的プロバイダーであるVoiceBox Technologiesは24日、科学諮問委員会を設立したと発表した。この多様で世界クラスの委員会メンバーリストは、VoiceBoxがIoT向けの統一インターフェースになるため、さらに広範な戦略に投資を継続していくことを示している。

委員会メンバーには、人工知能(AI)、多様なヒューマン・コンピューター・インタラクション、バイオメトリクス、音声認識、自然言語理解、対話処理技術などの分野の著名な研究者が含まれている。

VoiceBoxのマイク・ケネウィック最高経営責任者(CEO)は「マルチデバイス、クロスデバイス、マルチユーザーという共通かつインテリジェントなインターフェースに関する当社のビジョンは、当社の包括的で豊富な音声サービス提供を補完するエキサイティングな新技術を統合することにある。世界的に有名な研究者に場所にかかわらず集まってもらうことによって、この業界における最大の企業に匹敵する専門知識を有するチームを結成することが可能になる」と語った。

諮問委員会はVoiceBoxの技術的イニシアチブに洞察と方向性を提供し、IEEEが世界で最も影響のある知的財産(IP)技術の1つと認めたコンテクスチュアル音声NLUにおけるVoiceBoxの急速な発展および先駆者的研究を推し進める。同委員会はまた、評価を受けている同僚や将来性のある職務候補者たちと恒常的に接触を保つ。

諮問委員会は10人から15人で構成され、2016年末までに決まる。最初のメンバーは以下を含む。

▽ルーク・ゼットゥルモーヤー(Luke Zettlemoyer)氏
ルーク・ゼットゥルモーヤー博士はワシントン大学コンピューターサイエンス工学部の准教授であり、経験的計算意味論を中心とする自然言語処理を研究している。受賞歴は国際学士院連合(UAI)とACLからの表彰、米国防高等研究局(DARPA)のCSSGへの選出、NSF CAREER Award、Allen Distinguished Investigator Awardなど。マサチューセッツ工科大学(MIT)から博士号を取得し、エジンバラ大学で博士課程修了。

▽シュリ・ナラヤナン(Shri Narayanan)氏
シュリカンス(シュリ)・ナラヤナン博士は、南カリフォルニア大学(USC)工学部のAndrew J. Viterbi教授で、電気工学、コンピューターサイエンス、言語学、心理学、神経科学、小児科学の教授を務める。Ming Hsieh Institute所長。研究の中心は人間中心の情報処理とコミュニケーション技術。

▽デービッド・トラウム(David Traum)氏
デービッド・トラウム博士はInstitute for Creative Technologies(ICT)の自然言語研究ディレクターで、南カリフォルニア大学(USC)コンピューターサイエンス学部研究学科メンバー。ICTの自然言語対話グループを率いている。このグループは現在、7人の博士と数名の学生で構成されている。トラウム博士の研究はヒトと人工知能の間の対話コミュニケーションが中心になっている。

▽ダン・ウェルド(Dan Weld)氏
ダニエル・S・ウェルド博士は、ワシントン大学コンピューターサイエンス工学部のThomas J. Cable/WRF教授で、起業家学科フェロー。クラウドソーシングのインテリジェント・コントロールを中心に研究している。フィリップス・アカデミーで教育を受けた後、1982年にエール大学からコンピューターサイエンスと生化学で学士号を、1988年にMIT Artificail Intelligence Labから博士号を取得している。

▽VoiceBox Technologies Corporationについて
VoiceBoxは、強化された自動音声認識(ASR)、自然言語理解(NLU)、テキスト読み上げ(TTS)技術に加え、インターネット・オブ・シングス(IoT)向けに広範な開発、テスト、データサービスを提供し、音声対応製品とソリューションを求める企業にとって「ワンストップショップ」となっている。VoiceBoxは現在、サムスン、トヨタ、フィアット、ダッジ、クライスラー、マセラティ、メルセデス、スマートカー、ルノー、マツダ、スバル、Tom-Tom向けに23の言語版を3大陸に出荷している。詳しい情報はリンク を参照。

ソース:VoiceBox Technologies Corporation

▽問い合わせ先
Jonathan Richardson, WE Communications
+1 (425) 638-7834
jrichardson@we-worldwide.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。