logo

南アフリカ工場でトラック・バス用タイヤの生産設備を新設

住友ゴム工業株式会社 2016年03月24日 09時11分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月24日

住友ゴム工業株式会社

南アフリカ工場で
トラック・バス用タイヤの生産設備を新設

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、急速な経済成長に伴うアフリカ市場におけるタイヤ需要拡大に対応するため、南アフリカ工場でのトラック・バス用タイヤの生産設備の新設を行います。総投資額は9.1億ランド(約66億円※)です。

 近年、アフリカ市場でのタイヤ需要は、急速な経済成長に伴って増加しており、今後もさらなる成長が見込まれます。南アフリカ工場ではこれまで、乗用車・ライトトラック用タイヤの生産を行っており、2014年に高性能タイヤを初めとする生産能力の増強と品質向上を目的として11億ランド(約80億円※)の投資計画を発表しましたが、このたびトラック・バス用タイヤの生産設備の新設のため9.1億ランドの追加設備投資を行います。
 現在、トラック・バス用タイヤについては輸入販売を行っておりますが、このたび、トラック・バス用タイヤの生産設備を保有することで、現地での安定供給が可能となる事からアフリカ市場におけるタイヤ販売事業の一層の強化を図るとともに当社のグローバル展開を加速させてまいります。尚、トラック・バス用タイヤの生産開始は2018年7月を予定しています。

※1ランド=7.3円で換算

<南アフリカ工場概要(2015年末)>
会社名 : Sumitomo Rubber South Africa (Pty) Limited
代表者名: Riaz Haffejee(リアス゛・ハフェシ゛ー)
所在地 : 南アフリカ共和国クワズール・ナタール州レディスミス
生産品目: 乗用車、ライトトラック用タイヤ
生産能力: 10,000本/日



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。