logo

サッカー国際親善試合 レジェンズマッチ「イングランド×ドイツ」J SPORTSオンデマンド独占配信!さらにクラウドファンディングで公開収録プロジェクトへの参加募集中!

株式会社ジェイ・スポーツ 2016年03月23日 15時00分
From PR TIMES

国内最大4 チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 上田修、以下「J SPORTS」 ※1)は、サッカー国際親善試合 レジェンズマッチ「イングランド vs. ドイツ」を動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド ※2」で独占配信します。




1966年W杯決勝「イングランド✕西ドイツ ※3 」。この試合には今も語り継がれる疑惑のゴールがありました。2-2の延長前半11分、イングランドのハーストが放ったシュート。ボールはクロスバーを叩き、ゴールラインの真下へ。プレーは一時中断された後、審判団はゴールを宣告。このゴールをきっかけにイングランドが優勝を勝ち取り、幕を閉じました。

その44年後の2010年に開催された第19回FIFAワールドカップ 南アフリカ大会 決勝トーナメント1回戦の前半、イングランド・ランパードが「ハースト」と同じシュートを放ち、クロスバーに跳ね返ったボールは確実にゴールインしていましたが、主審は「ノーゴール」と判定。この時はドイツが準々決勝へと勝ち進みました。

[画像1: リンク ]



そんな対決を繰り広げたイングランドとドイツですが、この度1966年FIFAワールドカップから50周年を記念し、両国の代表OBを招集し、国際親善試合が開催されることが決定しました。イングランドからはジェラード、ランパード、ファーディナンドなど、ドイツからはカーン、バラック、エッフェンベルクなど豪華スターが集結。ヨーロッパサッカーを牽引したレジェンド達が再び代表のユニフォームに袖を通して相対します。

[画像2: リンク ]

この記念試合の公開収録プロジェクトをクラウドファンディングで参加募集します。目標金額の200万円が達成されれば、J SPORTSのサッカー中継でお馴染みの実況解説陣や豪華ゲストとともに皆様と大型モニターで試合を観戦するイベントを実施します。2002年に開催された日韓ワールドカップで日の丸を背負って戦った戸田和幸・鈴木隆行からは同世代選手のウラ話を、サッカー好きで知られるペナルティ・ワッキー、JOYには思春期に憧れていたスター選手に対する想いを語っていただき、番組を盛り上げます。
[画像3: リンク ]



この歴史的一戦をどうぞお見逃しなく!

○クラウドファンディングで公開収録プロジェクトへの参加募集
[画像4: リンク ]



本番組の公開収録プロジェクトを国内最大のクラウドファンディング※4サイト「READYFOR ※5 」を利用して募集いたします。皆様の支援金額に応じて、オリジナル動画から現地取材観戦ツアーまで様々な商品を用意しております。尚、支援金額が目標未達成となった場合、公開収録企画は実施されません。*3月22日現在 360,000円

【募集ページURL】
リンク

【公開収録概要】
■実施日時
2016年5月3日(火) 午後7時~午後10時(予定)
*番組延長の可能性あり

■出演者
西岡明彦、ベン・メイブリー、戸田和幸、ペナルティ・ワッキー、JOY


■視聴方法
J SPORTSオンデマンド サッカーパック/総合パック契約

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約700万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。

※2 J SPORTSオンデマンドとは:
インターネットを通じてスマートフォンやPC、タブレット上でスポーツ番組をご視聴頂けるサービスです。
年間20ジャンル、2,000番組、4,000時間以上の番組の中から、いつでもどこでも動画視聴をお楽しみ頂けます。ご視聴には会員登録(無料)が必要です。また見逃し配信は有料契約が必要になります。

※3 1966年時点では西ドイツ

※4 クラウドファンディングとは:
群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を集める仕組みを指します。

※5 READYFORとは:
日本で最初の、そして最大のクラウドファンディングサービスです。2011年3月のオープンから3750件以上のプロジェクトの資金調達を行い、日本最多の15.2万人から19.3億円以上の支援金を集めています。

<J SPORTSお問い合わせ先>
J SPORTSカスタマーセンター 03-5500-3488(午前10:00~午後6:00)
J SPORTS オフィシャルサイト www.jsports.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。