logo

Garlock、GUARDIAN XLベアリングアイソレータを発表

JCN 2016年03月23日 11時30分
From JCN Newswire


TOKYO, Mar 23, 2016 - ( JCN Newswire ) - 【米国ニューヨーク州パルマイラ】高性能流体シールおよびパイプライン保護製品大手のGarlockは、12~24インチのサイズの最新型GUARDIAN(TM) XLベアリングアイソレータを発表しました。納期は業界最速でわずか7日間です。

ハイライト:

- 12~24インチのサイズのGUARDIAN(TM) XLベアリングアイソレータを発売
- ポンプやモータなど、ベアリングのサポートで回転する機器用に最適
- 独自の新規社内生産体制によって、業界最速の7日間の納期を実現

標準サイズのGUARDIAN(TM)ベアリングアイソレータの既存設計をベースにしたGUARDIAN(TM) XLは、大型の高速回転軸を持つ高耐久機器に特化して作られています。

最適な用途はパルプ・製紙工場、印刷機、採鉱作業、製鋼工場、天井クレーン、発電などで、ポンプやモータなどベアリングでサポートされる産業機器に設置できます。GUARDIAN(TM) XLには、フランジ付きおよびフランジなしの両方の設計があります。

Garlockは最近、社内生産体制に特化した製造設備を買収し、業界最速の納期達成が可能になりました。従来、このタイプのベアリングアイソレータでは、そのサイズとカスタム設計仕様のため、最大2か月のリードタイムが必要でした。

「わずか7日間でこのように非常に特殊な機器をお客様に提供できるようになったことをうれしく思います。」と、バリューストリーム責任者のChris Finkは述べました。「社内生産体制の導入によって、お客様のために、予定外のダウンタイムを大幅に短縮できます。」

GUARDIAN(TM) XLの特徴は、流体と個体の汚染を防ぎながらベアリングを潤滑に保つ工学的ラビリンス設計です。結合リングによって、軸やハウジング上での望ましくない金属接触による摩耗をなくし、抵抗低減、機器寿命延長、整備コスト節減などによって、効率を向上します。さらに特許取得済みのCam-Lock設計によって、アーバープレスなしに設置でき、再構築中の平均修復時間(MTTR)が短縮されます。

GUARDIAN(TM) XLは、IEEE 841-2001、NEMA MG 1-2003、API 610など、すべての工業安全および製造規格に対応しています。

Garlockベアリングアイソレータの全製品ラインについて詳しくは www.garlock.com をご覧ください。

Garlock Family of Companiesについて

Garlock企業ファミリーは、EnPro Industries (NYSE: NPO)の一部です。Garlockは高性能流体シール製品のグローバル大手として高い評価を得ており、安全第一の企業文化を特徴としています。サービスを提供している加工業界には、化学および石油化学、精製、パルプ・製紙、発電、半導体、一次金属、食品・製薬、鉱業、OEM (Original Equipment manufacturer)などがあります。

メディアお問い合わせ先:
Fuzz Martin
EPIC Creative
+1-262-338-3700 ext. 226
fmartin@epiccreative.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。