logo

テクトロニクス、USBベースのリアルタイム・スペクトラム・アナライザの ラインアップを拡充

テクトロニクス 2016年03月23日 10時07分
From Digital PR Platform


2016年3月23日
報道発表資料

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は本日、USBベースのリアルタイム・スペクトラム・アナライザのラインアップを拡充し、設計、スペクトラム管理、無線送信機の設置/保守アプリケーションに対応した、4機種の高性能モデルを発表します。新製品のRSA500シリーズ、RSA600シリーズは9kHzから最高7.5GHzの周波数範囲をカバーし、40MHzの取込帯域幅、+30dBmの最大入力と-161dBm/HzのDANL(Displayed Average Noise Level、表示平均雑音レベル)による広い測定ダイナミック・レンジを実現しています。

新製品のUSBベース・スペクトラム・アナライザは、昨年発表し、多くのユーザーが使用している6.2GHz帯域のRSA306型USBスペクトラム・アナライザの設計コンセプトを受け継ぎ、高性能なハードウェアと豊富な解析機能を軽量・コンパクトなパッケージに実装しています。RSA500/600シリーズは、RFの基本性能をさらに向上させたUSBベースのスペクトラム・アナライザであり、製造ラインや実験室での使用に向いたラボ・パッケージと、屋外などでの使用に便利な堅牢タイプのバッテリ動作パッケージを用意しました。RSA500/600シリーズ共に、内蔵のトラッキング・ジェネレータがオプションで用意されており、デバイス、ケーブル、アンテナのテストが可能です。

テクトロニクスのUSBスペクトラム・アナライザは、従来のスペクトラム・アナライザに比べコスト・パフォーマンスに優れ、同等の性能のスペクトラム・アナライザに比べて約60%の低価格を実現しています。優れた機能を持った付属の最新版SignalVu-PCソフトウェアを使用し、デスクトップPC、ノートPC、またはタブレットに標準のUSB 3.0インタフェースを通して接続することで、17種類の測定、リアルタイムDPXによる信号処理、数多くのアプリケーションに対応したアドオン・モジュールによる詳細な解析が可能になります。

テクトロニクス、RF/コンポーネント・ソリューションのジェネラル・マネージャ Jim McGillivaryは、次のように述べています。「テクトロニクスのUSBスペクトラム・アナライザは、従来のスペクトラム・アナライザよりも低価格で、優れた機能、解析ソリューションを実現しています。ソフトウェアで操作ノブ、動作モード、ディスプレイを置き換え、革新的な技術によって数多くの機能を軽量・小型のパッケージに実装しました。RSA306型で見るように、USBベースの計測器はその軽量・小型の利点と期待以上の性能と操作性が、多くのスペクトラム・アナライザ・ユーザの間で、急速に認知されてきています。低価格であるため、より多くの設計/計測エンジニアが最新の計測器を手にすることが可能になります」

・スペクトラム管理のための堅牢なツール
RSA500シリーズは現場使用に適しており、研究室で使えるレベルの性能をもったスペクトラム・アナライザであり、迅速でコスト効果に優れたスペクトラム管理、不要電波検出、ネットワークのトラブルシュートが行えます。RSA500シリーズには、3GHz帯域のRSA503A型と、7.5GHz帯域のRSA507A型があります。バッテリ駆動の計測器であり、MIL-STD 28800 Class 2の衝撃/振動規格に適合し、IP52の防塵・防水性があります。

GPSに周波数ロックすることで内部基準周波数確度を±0.025ppmまで向上できる機能や、リターン・ロスや不良点位置の特定などのケーブル/アンテナ測定に必要なトラッキング・ジェネレータも内蔵しているなど、フィールド・アプリケーションに有効な性能、機能が数多く盛り込まれています。リアルタイム・スペクトラム・アナライザは、持続時間が非常に短い信号を観測できることから、不明な電波や不要な電波をすばやく観測できます。

・ラボのためのコスト・パフォーマンスに優れたRFデバッグ
RSA600シリーズには、3GHz帯域のRSA603A型と7.5GHz帯域のRSA607A型があり、RSA500シリーズと性能レベルは同じですが、商用電源に接続して使用するように設計されており、大きなモニタを使用できます。RSA600シリーズは、Bluetooth LEやBluetooth EDRから、IEEE802.11acなどの無線LAN規格の解析やIoT(Internet of Things)のモジュールやコンポーネントのテストなど、SignalVu-PC測定パッケージを使用して、さまざまなアプリケーションに対応します。アンテナ、ケーブル、部品のゲイン/損失テスト機能も持ち、設計のスピードアップに貢献します。

・SignalVu-PCのアップデート
新製品のスペクトラム・アナライザ発表と同時に、SignalVu-PCソフトウェアのユーザ・インタフェースも更新され、新しいオプション、機能も追加されました。SignalVu-PCに新たに追加されたオプションとしては、信号識別、チャンネル・ナビゲーション、マップ・サポートの拡張が含まれています。固定ライセンスの他にフローティング・ライセンスも利用できるため、ソフトウェアとUSBスペクトラム・アナライザを柔軟に利用できます。また、長い時間の信号の記録、再生機能も備わっています。

制御用プログラムから計測器にアクセスする場合は、SignalVu-PCのプログラマティック・インタフェースを選択するか、または豊富なコマンドと測定が可能なAPI(Application Programming Interface)が使用できます。推奨のPCハードウェアでSignalVu-PCを実行した場合のリアルタイム処理能力は、他メーカのスペクトラム・アナライザに比べて約1,000倍以上、高速です。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の測定課題を解決し、直感的に問題点を把握したり新たな発見を促すような、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト、計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたりデジタルの時代の最前線に位置し続けています。ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。