logo

朝日新聞デジタル「築地 時代の台所」がSND銀賞に

株式会社朝日新聞社 2016年03月22日 18時30分
From PR TIMES

優れたデジタル報道デザインを表彰する国際コンクールで銀メダル

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が運営するニュースサイト「朝日新聞デジタル」の特集「築地 時代の台所」( リンク )が、世界の優れたデジタル報道デザインを表彰する「ベスト・オブ・デジタル・デザイン」(ニュースデザイン協会〈SND〉主催、本部・米国)で、2015年報道特集部門の「シルバー・メダル」(銀賞)に選ばれました。アジアのメディアでは唯一の銀賞受賞です。



[画像: リンク ]



 「築地 時代の台所」は、今年11月に豊洲へ移転する東京・築地市場の営みと歴史を、CG・動画・グラフィックスを生かして様々な視点から記録しています。世界のごちそうになったマグロの流通や、プロが通う仲卸約600店の写真つきマップ、築地の食材で握る四季のすしなど、幅広いコンテンツをユーザーが体感できるように制作しました。英語版も用意してあります。

 受賞の理由として「多層にわたるコンテンツがあり、そのどれもが美しい」「多くの情報がありながらも調和している」などの点が挙げられました。

 SNDは世界1500の加盟者・団体で構成され、毎年コンクール形式でニュースメディアのデザインを表彰しています。2015年は約1千点の応募があり、金賞はウォールストリート・ジャーナルとガーディアンの計2作品でした。銀賞には22作品が選ばれ、朝日新聞社はニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ナショナルジオグラフィックなどと同時受賞となりました。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。