logo

ハンドヘルド、Saabと枠組み合意

ハンドヘルド・グループ 2016年03月22日 11時07分
From 共同通信PRワイヤー

ハンドヘルド、Saabと枠組み合意

AsiaNet 63829

リードヒェーピング(スウェーデン)、2016年3月21日/PRニュースワイヤー/--

ハンドヘルド・グループ (リンク )は、北欧地域の子会社、Handheld Scandinaviaが、世界的な防衛・セキュリティ業界向けソリューションプロバイダーであるSaab (リンク )と戦略的契約を結んだことを本日発表しました。2年間の契約には、Saabの世界トップの軍事・航空宇宙・緊急サービス向けソリューションの超堅牢型タブレットも対象となっています。ハンドヘルド・グループの子会社であるHandheld Scandinaviaは、スウェーデンに拠点を置く堅牢モバイルコンピューターの大手メーカーです。

Photo: リンク

この契約は、可能性のある拡張機能が含まれ、ハンドヘルドの既存タブレット製品群および今後の新製品が対象となります。Saabは、ハンドヘルドの堅牢型タブレットAlgiz 10X (リンク )とSaabの救急医療向けモジュラー情報システムParatus (リンク )を統合しています。このシステムはスウェーデン全土の救急車に配備されています。

最近では、Saabは、SITHS スマートカードリーダーを搭載したAlgiz 10X堅牢型タブレットを配備しました。SITHS(ヘルスケア業界向けセキュアIT)は、二要素電子認証プロトコールをベースにしており、スウェーデンにおける国家品質登録の現行標準となっています。

Handheld Scandinaviaのマネージングディレクター、Torkel Zettergren氏は次のように述べています。「Saabが、同社の革新的ソリューションとの統合パートナーとしてハンドヘルドを選んだことを喜んでいます。長期的なパートナーシップを構築したいと思っています。当社のタブレットは、最も過酷な環境にも耐えることができます。Saabは、軍事・航空宇宙・治安産業に向けた世界的なソリューションプロバイダーとして、ハンドヘルドの高品質な堅牢性の利点を理解してくれています。」

ハンドヘルドの堅牢型モバイルコンピューター全製品は、防水性・防塵性を備え、落下・振動・衝撃・温度限界からの保護に関する厳しいMIL-STD-810G軍事規格を満たしています。

こちらでツイートしてください
ハンドでヘルドは、世界的な防衛・セキュリティ業界向けソリューションプロバイダーのSaabと枠組みで合意していますリンク

ハンドヘルドについて
ハンドヘルド・グループは堅牢型モバイルコンピューター、PDA、タブレットのメーカーです。ハンドヘルドならびに同社の再販業者は、世界中にジオマティックス、ロジスティックス、林業、公共輸送、公益、建設、鉱業、軍事、警備などの分野の企業に、完全なモビリティー・ソリューションを提供しています。ハンドヘルド・グループはスウェーデンに本拠を置き、フィンランド、英国、オランダ、イタリア、ドイツ、スイス、オーストラリア、米国に支店があります。詳細はリンク をご参照下さい。

ソース: ハンドヘルド・グループ


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。