logo

ハスクバーナが最初のロボット芝刈り機向けApple Watch(TM)アプリを発表

ハスクバーナ (Husqvarna) 2016年03月22日 10時52分
From 共同通信PRワイヤー

ハスクバーナが最初のロボット芝刈り機向けApple Watch(TM)アプリを発表

AsiaNet 63823

【ハスクバーナ(スウェーデン)2016年3月18日PRニュースワイヤー】

ユーザーはハスクバーナ(Husqvarna)のアプリを使用して、手首からハスクバーナのロボット芝刈り機Automower(R)320、330X、450Xモデルをコントロール、設定およびモニターすることができます。

ロボット芝刈り機の世界的リーダーであるハスクバーナは本日、Apple Watch(TM)向けのアプリであるAutomower(R) Connectアプリを発表しました。Automower(C)Connectにより、あなたが仕事または世界の反対側で休暇していても、腕にまいたApple Watch(TM)からフィンガータッチで芝生を刈ることができます。

マルチメディアのニュースリリースは:
リンク

ハスクバーナのロボット・カテゴリー・マネージャーであるOlle Markusson氏は「21年前、ハスクバーナが市場に最初のロボット芝刈り機を提供し、それ以来、我々は技術フロンティアを推進しています。Apple Watch(TM)向けのAutomower(C)Connectにより、ハスクバーナは、ユーザー体験を別段階へとさらに移行させ、成長するロボット芝刈り機市場をリードするイノベーションを強化します」 と述べました。

Automower(R) Connectアプリは、ハスクバーナのAutomower(R)320、330X、450Xにおいて利用可能です。また、ワンタッチ・ディスプレイは以下の重要な分野における機能性を高めます:

・コントロール- ロボット芝刈り機の現在の状態を監視し、「スタート」「ストップ」「パーク」コマンドを送信します。

・設定 -ロボット芝刈り機の設定メニューを読み取り、変更します。

・セキュリティ -盗難が発生した場合、アラーム通知を受信し、ロボット芝刈り機の位置を追跡します。

同アプリケーションはApp Storeにおいて無料でダウンロード可能で、ユーティリティ・カテゴリに表示されます。

Husqvarna Automower(R)について
ハスクバーナのロボット芝刈り機は1995年に導入されて以来、ほぼ全ての庭に対処できる真のパフォーマーへと進化してきました。20年以上もの間、ロボット芝刈り機は芝生の作業に優れており、効率的で静音性に優れ、時間を節約してくれます。

ロボット芝刈り機の誕生以来、ハスクバーナのAutomower(R)はその名と機能で飛躍的な進化を遂げてきました。ロボット芝刈り機は電気によって作動し、45%の急勾配を登り、どのような気候でも動作し、また静粛な動作を実現しています。

ユニークな草刈技術は、決められた区域内の草を、ランダムなパターンで継続的に数回カットする、芝刈り機の小さな、鋭い回転ブレードに基づいています。バッテリーを充電する際、芝刈り機は充電ステーションに戻り、その後、作業が完了するまで刈り続けます。

(Photo: リンク )

ソース: ハスクバーナ (Husqvarna)


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事