logo

小学館が、ハードからソフトまで「ハイレゾ」を楽しむすべての人のための情報サイト『Hi-Res Recopal』(ハイレゾレコパル)をオープン

 株式会社小学館(東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下「小学館」)は、ハードからソフトまで「ハイレゾ」を楽しむすべての人のための情報サイト『Hi-Res Recopal(ハイレゾレコパル)』(リンク)をオープンしました。



[画像1: リンク ]

■サイトデザイン

PC版                  
[画像2: リンク ]




スマートフォン版
[画像3: リンク ]



■コンセプト

今知りたいハイレゾのすべてがわかる!

 「ハイレゾレコパル」は、ソフト-ハード間を横断する「ハイレゾの楽しみ方」を提案するキュレーションサイトです。
現在、急速に拡大しつつある市場を背景に、ソフトを含む「ハイレゾ」全般に対する情報ニーズが高まりつつあります。しかし、AV・家電・PC系の既存の総合サイトでは扱うジャンルの幅が広く本当に欲しい情報が手に入らなかったり、ハイレゾ音源(ソフト)から再生機器(ハード)までを一気通貫で見せるサイトが存在しないなどの不満も多いのが現状です。
そこで新サイトでは「ハイレゾ」に特化した情報を扱うことで既存のAV・家電・PC系サイトとの差別化をはかり、ハードの情報とソフトの情報を連携させることでユーザーの利便性を向上させるとともに、「ハイレゾの楽しみ方」を提案いたします。
サイト名にはかつてのオーディオファンには抜群の知名度を誇る「レコパル」を冠し、これから積極的にハイレゾを楽しもうとする50代以上のマニア層へアピールし、同時に若年層を中心に高い人気を誇るイヤホン・ヘッドホン専門店等との連携により、20代へも情報を発信していきます。

■コンテンツ

[画像4: リンク ]


 コンテンツカテゴリは、「はじめてのハイレゾ」、「ハイレゾ音源」、「イヤホン・ヘッドフォン」、「ハイレゾオーディオ」、「PC」、「アナログ」など充実したラインナップ。マニアにも響く深掘りした情報の一方で、ビギナーにもわかりやすい表現を用い、ハイレゾの魅力を伝えてまいります。また、記事へのコメント機能も実装予定。これによりコミュニティ作りを推進いたします。さらに、今後は通販事業も展開予定です。

■SNS展開

 サイトオープンに伴い、facebook、twitterで、コンテンツを展開いたします。

・facebook(リンク)
・twitter(リンク

■FMレコパルとは

[画像5: リンク ]

 まだFM放送が貴重な音楽ソースだった1974年に創刊。巻末についた番組表を片手に、FMから流れる様々なアーティストの曲やライブをテープに録音する「エアチェック」ブームにのって、またたく間に人気雑誌に。2014年には、創刊から40年を記念して1号限定で復刊(写真)。「ハイレゾレコパル」では、ハードからソフトまで様々な「音」の楽しみ方を「音の仲間(レコパル)」に向けて提案するという『FMレコパル』の根幹はそのままに、メディアをハイレゾへとシフトさせて最新の情報をお届けします。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社小学館 広告局 雑誌ブランドビジネス室 担当:西
TEL:03-3230-5375   MAIL:net-biz@shogakukan.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事