logo

明大生が町の魅力を発信 ~観光スポットの画像 ストリートビューで公開、福島県新地町 震災復興支援

明治大学 2016年03月18日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学 学部間共通総合講座「東日本大震災・活性支援ボランティア」の受講生有志が復興支援と地域活性を目的に福島県新地町で撮影した画像が、この度Googleストリートビューで公開された。


 明治大学は2012年1月、福島県新地町と「震災復興に関する協定」を締結し、同町において、復興を目的にした夏祭りの運営支援や水泳指導、海岸の清掃など毎年さまざまなボランティア活動を展開している。2012年度からは、単位を付与する実習科目である学部間共通総合講座のボランティア実習を同町で実施しており、これまでに約90人の明大生が小学校での学習支援などを行ってきた。

 今回公開されたストリートビューは、町からの要請を受け、ボランティア実習終了後も継続的に同町を訪れていた学部間共通総合講座の受講生有志が、Googleのトレッカーパートプログラムに参加して撮影した。新地町HPで情報発信が滞っていた「みちのく潮風トレイル」*の観光スポットの魅力を発信するため、トレイルコースにある観光スポットを実際に見て歩き、発信するスポット12カ所を選定。Googleの撮影用機材「トレッカー」を担いで撮影した画像がストリートビューに公開された。学生たちは今後も同町での活動を継続し、新地町の魅力を世界に向けて発信していく予定。

*環境省が青森県八戸市蕪島から福島県相馬市松川浦までを範囲に設定したトレイルコース(歩くための道)

◆今回学生たちが撮影・公開した観光スポット◆
鹿狼山/龍昌寺/右近清水/白幡のいちょう/くるめがすりの家/福田諏訪神社/新地城跡/二羽渡神社/杉目大槻神社/鹿狼の湯/子眉嶺神社/法輪寺
※今回公開したストリートビューは明治大学震災復興支援センターサイト( リンク )でもご覧いただけます。

▼取材に関する問い合わせ
 明治大学 広報課
 電話: 03-3296-4330
 メール: koho@mics.meiji.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事