logo

「近未来の小学校を創造せよ!」をテーマに独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を開催

学校法人金沢工業大学 2016年03月17日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月17日

金沢工業大学

「近未来の小学校を創造せよ!」
産学連携による独創的システム開発コンテスト
「KITハッカソン」開催
3月18日(金)~20日(日)
会場: 金沢市立四十万小学校・金沢工業大学

金沢工業大学では3月18日(金)から20日(日)まで、「近未来の小学校を創造せよ!」をテーマに、
産学連携による独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を金沢市立四十万小学校と金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館1Fアントレプレナーズラボで開催します。
なお3月18日当日は金沢市立四十万小学校で授業が行われているため、大変恐縮ですが、取材は3月19日(土)・20日(日)のみでお願い申し上げます。
2日目3月19日(土)は10時から11時まで、山野之義 金沢市長が金沢工業大学12号館アントレプレナーズラボを訪問されます。

アイデアソン=「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語
ハッカソン =プログラミングを意味する「ハッキング」と「マラソン」を組み合わせた造語

近年、学校、保護者、地域の方が知恵を出し合い、学校運営に意見を反映させることで、協働しながら子どもたちの豊かな成長を支え「地域とともにある学校づくり」を進める仕組みが進みつつあります。
今回のイベントでは、四十万小学校の協力をいただきながら、その姿を加速させ、意義あるものとするためにICTシステムやデザインの技術を積極的に用いて、近未来の小学校を創造します。
今回のKITハッカソンには約55名の参加を予定しています(学生約40名、企業約10名、教員約5名)。
参加者は、四十万小学校校長、育友会会長、地域ボランティア代表からの基調講演・パネルディスカッションを聴講した後、その内容を踏まえた近未来の小学校についてアイデアを出し合います。(アイデアソン)
そして学生、教員、社会人が混ざって、実現のためのシステム開発に取り組み、最終日の審査会で発表します。(ハッカソン)
また今回は協力企業(情報提供企業、学生サポート企業)として6社が参画しています。参加者は協力企業からのプロダクトやサービス、サポート、技術情報の提供を受けながらシステム開発に取り組みます。


【KITハッカソン スケジュール】
※取材につきましては3月19日(土)・20日(日)の2日間にてお願い申し上げます
【3月18日(金)】
会場:四十万小学校
10:00-10:05 開会の挨拶
10:05-11:15 基調講演
基調講演1: 四十万小学校校長 坂彌 久美氏
基調講演2: 育友会長 小矢田 学紀氏
基調講演3: TEDxHimi代表 川向 正明氏
11:15-12:00   パネルディスカッション
(司会) 金沢工業大学 情報工学科教授 中沢 実
(パネラー)基調講演者:3名、地域ボランティア関係者:4名
12:30-14:00 情報提供企業紹介
14:00-16:30 アイデアソン
16:30-18:00 審査発表会(8分/チーム:発表5分・質疑3分)

【3月19日(土)】
会場:金沢工業大学12号館アントレプレナーズラボ1F
09:30-12:00 情報提供企業によるハンズオンセミナー
*10:00-11:00 山野之義 金沢市長がアントレプレナーズラボを訪問されます
13:00-23:00 ハッカソン

【3月20日(日)】
会場:金沢工業大学12号館アントレプレナーズラボ1F
09:30-13:00 ハッカソン
(移動)
会場:四十万小学校
14:30-16:30 審査会(15分/チーム:発表10分・質疑5分)
16:30-18:00 集計・審査発表

【情報提供企業】
・株式会社構造計画研究所  ・さくらインターネット株式会社  ・株式会社Cerevo
・キャッツ株式会社  ・ナレルシステム株式会社  ・ソフトバンク株式会社



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事