logo

都内で「ダブルプレイス『トーク&マルシェ』Presented by住めば愉快だ宇都宮」を開催

宇都宮市 2016年03月16日 14時46分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月

宇都宮市

東京の女子が宇都宮で実際に
画期的なライフスタイル「ダブルプレイス(2地域生活)」を体験

2月28日(日)都内で「ダブルプレイス『トーク&マルシェ』Presented by住めば愉快だ宇都宮」を開催、「ダブルプレイス」の楽しさを紹介!

宇都宮市は2月28日(日)千代田区神田淡路町のワテラスで「ダブルプレイス『トーク&マルシェ』Presented by住めば愉快だ宇都宮」を開催しました。
このイベントは、2つの地域に生活や仕事の拠点を置くライフスタイル「ダブルプレイス」を東京圏の方々に知っていただき、関心を持っていただくことで、東京圏の方々にとって「ダブルプレイス」に適した宇都宮市の魅力や価値を伝えていこうと開催したものです。

「ダブルプレイス」の魅力満載のムービーを初公開

イベント当日は14時からトークショーを開催、その中で今回新たに作成したムービーを初公開しました。
これは東京と宇都宮とのダブルプレイスの楽しさを1人でも多くの方に知っていただき、具体的なイメージを抱いていただくことを目的に作ったもので、普段は東京で暮らしている1人の女性が実際にダブルプレイスを体験し、初めて訪れた宇都宮で味わう、都会ではできない体験の数々や宇都宮ならではの食、ダブルプレイスを実践する人々との出会いとそれらを経験した彼女のリアルな声や表情を通して、宇都宮とのダブルプレイスの魅力を伝えています。

 体験レポーターとしてムービーに登場しているのは東京圏在住の女の子、“はっちゃん”こと橋本安奈さん。町づくりに興味があり、アメリカ・ポートランドへの留学経験を持つはっちゃんが「つながる」「住まう」「働く」の3つの視点から宇都宮市内のさまざまな場所を訪れ、実際に宇都宮で生活をしてそこにいる人たちと交流を深めていきます。
ダブルプレイスを体験した彼女のリアルな声や表情。そして、宇都宮で暮らす人たちとの明るいやりとりにダブルプレイスの魅力が凝縮されたムービーとなっています。

 ダブルプレイスを体験したはっちゃんは、
「宇都宮は初めてだったのですが、会う人皆さん、話しやすくてすぐ打ち解けることが出来ました。東京からわずか50分の距離で都会だと思っていたのに農業が盛んでオーガニックな野菜づくりに取り組んでいる人がいたり、子連れでも出かけられるスポットを紹介しているママたちがいたり、宇都宮が大好きで、宇都宮をもっともっと住みやすい『愉快なまち』にしたいって頑張っている素敵な人達に出会うことが出来ました。何度か撮影で伺っているうちに『宇都宮のお母さん』と呼べる人が出来たり、撮影以外でもサックスを抱えてお邪魔しちゃうような素敵なバーに出会ったり、宇都宮は私にとって、とても大事な場所になりました。」

と、初めて訪れた宇都宮の印象を語っていました。

 宇都宮市では今後、今回のイベントで紹介したことを宇都宮に来て実際に体験することのできる「ダブルプレイスツアー」の開催を予定しています。

 なお、このムービーは、ダブルプレイス専門のWEBサイト「宇都宮と愉快に過ごす100のヒト」(リンク)でご覧いただくことができます。

「ダブルプレイス」の実例を具体的に紹介

トークショーには、毎週日曜日に農業体験希望者に畑を開放して農業の楽しさを伝えている「農人たち」の宮本暢常さん、インターンシップ事業などを通じて地域づくりを展開している「とちぎユースサポーターネットワーク」の岩井俊宗さん、宇都宮やニューヨークで複数の飲食店を経営している「ON JAPAN CORP」の小林俊仁さん、さらには農業や食などを活用し地域活性を行う「ファーマーズ・フォレスト」で着地型観光事業「えにしトラベル」を担当する石崎美映子さんの、実際に宇都宮での暮らしを楽しんでいる4人の方が登場し、具体例を交えながら、宇都宮の魅力や大都市と地方のいいとこ取りができるダブルプレイス生活の醍醐味などを語っていただきました。

参加していた東京圏在住の女子大生は、
「ダブルプレイスという新しいライフスタイルがあることを雑誌で知り、興味があったので来てみました。宇都宮には行ったことがありませんが、皆さんのお話を聞いて、ぜひ一度行ってみたくなりましたし、ダブルプレイスも将来やってみたいなと思いました。たしかに、そんな暮らしができれば人生が豊かになって自分の世界が広がっていくのではないでしょうか。貴重なお話が聞けて、今日はとても参考になりました」
と感想を語ってくださいました。

 また、会場の外では、会場となったワテラスマルシェと合わせ、10時から17時まで、「農人たち」の野菜や、その野菜を使ったON JAPAN CORPのプライベートブランド「ORGARS(オルガーズ)」の料理、宇都宮餃子など宇都宮の食が堪能できるマルシェゾーン、ダブルプレイスに関する情報を紹介する宇都宮市ブースが設置されました。

トーク来場者は定員の50名を超え、マルシェでは、来場者が過去最高となるなど大変賑わいました。

【参考資料】

「ダブルプレイス」とは、今住んでいる土地に加えてもう一つ、気軽に帰れる場所を持つことで暮らしを2倍楽しもうという画期的なライフスタイルです。
東京から新幹線で1時間弱という東京圏とのアクセスの良さとともに、豊かな自然に恵まれた宇都宮は、2地域を往復しながらそれぞれの生活を楽しむには、まさに最適な場所といえるでしょう。
宇都宮市が掲げている「地元2つ、幸せ2倍。」のメッセージには、2つの地元を持つことでこれまでとは違った人間関係や視点が芽生え、仕事も生活も2倍楽しむことができるという想いを込めています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。