logo

DigicelとBroadSoftがユニファイドコミュニケーションコラボレーションを拡大

JCN 2016年03月16日 12時10分
From JCN Newswire


TOKYO, Mar 16, 2016 - ( JCN Newswire ) - 【ジャマイカ、キングストンおよび米国メリーランド州ゲイザースバーグ】BroadSoft, Inc. (NASDAQ: BSFT) -- Digicel Groupは、カリブ海、中央アメリカおよびアジア太平洋地域のお客様に世界クラスの製品およびサービスの恩恵をお届けするBroadSoft BroadWorks(R)プラットフォームおよびUC-One(R) Unified Communicationsのサービスポートフォリオを拡大することを、発表しました。

Digicel Cloud Telephonyポートフォリオでは、クラウドPBX、ユニファイドコミュニケーション、SIPトランキングなどの複数の市場に革新的なIPおよびクラウドベースのコミュニケーションサービスオファリングを提供しています。

BroadSoftの幅広いユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション技術により、Digicelは、中小企業(SMB)と大企業の両方をターゲットにしたオファリングの規模を拡大し、FMS (fixed mobile substitution)、FMC (Fixed-Mobile Convergence)、ユニファイドコミュニケーションなどの包括的なソリューションを提供できます。これには、ホステッドPBXおよひせSIPトランキングサービス、プレゼンスおよびインスタントメッセージング、ビデオコラボレーション、デスクトップ/ファイル共有などが含まれます。BroadSoftは、売上高上位30社中26社など全世界に何百社ものサービスプロバイダのお客様に利用されていますので、DigicelにはIPべースのコミュニケーションサービス展開を通じて、幅広いビジネスおよび技術専門知識を提供することができます。

「弊社ではDigicelには非常に強力で明確なビジョンがあり、ユニファイドコミュニケーション市場に対する適切なアプローチで実現できると考えています。ビジョン、技術、お客様サポートなどのDigicelの強みを、BroadSoftの実績あるBroadWorksおよびUC-Oneプラットフォームを組み合わせることで、お客様要員のモバイル化、生産性向上、通信コスト節減などに役立ちます。」と、BroadSoft新興市場代表取締役Jonathan Reidは述べました。

DigicelのCloud Telephony製品ポートフォリオにより、事業の種類、規模、場所などに関わらず、お客様のコミュニケーションニーズに対応できます。モバイルのみ、およびFMCサービスでは、IPおよびモバイル環境を、複数のユーザープロファイルに適した単一のサービスに統合することで、ユーザーに単一の「find me anywhere」ソリューションを提供します。構内ベースのソリューションの統合によって、コスト効果の高い製品の提供、従来の音声通話インフラの拡張、事業継続機能の提供が可能になります。

「BroadSoftとの関係を拡大することで、既存及び新規のDigicelのお客様向けのクラウドテレフォニーおよびユニファイドコミュニケーションサービスが劇的に向上すると考えています。現在弊社でサービスを提供している要員は、非常に変化が激しくモビリティが高いため、物理的位置がどこであってもすべてのデバイスを通じて柔軟でコスト効果と信頼性の高いコミュニケーションサービスを提供するには、世界クラスのユニファイドコミュニケーションプラットフォームが欠かせません。BroadSoftは、弊社がターゲット市場でユニファイドコミュニケーションサービスオファリングを大幅に拡大するための適切なソリューションと技術専門知識を持つ理想的なパートナーであると確信しています。」と、Digicel BusinessグループCOOのMartin Carrollは述べました。

将来予想に関する記述(Forward Looking Statements)

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内で、将来予想に関する記述(Forward-looking statement)が含まれています。これらの将来予想に関する記述は、「予定」「できる」などの単語やフレーズの他、同様の単語やフレーズで判別することができます。その内容には特に、エンドユーザー向けDigicelサービスオファリングのBroadWorksとUC-Oneを使用した結果得られるDigicelのお客様の利益についての記述などがあります。これらの将来予想に関する記述に書かれた出来事の結果は、既知または未知のリスクや不確実性の他、実際の結果がこの将来予想に関する記述で予測されている結果と著しく異なる原因となる要因に影響されます。その要因には、Digicelの製品オファリング中のBroadWorksおよびUC-Oneを使用した結果得られるBroadSoftへの財務および他の利益の他、2016年2月29日に米国証券取引委員会(SEC)に提出された2015年12月31日締めのBroadSoft年次報告書(書式10-K)の「リスク要因」セクションや、BroadSoftがSECに提出した他の書類に記載された要因などがありますが、これに限定されるものではありません。このリリースのすべての情報は、2016年3月15日現在のものです。法令で定められている場合を除き、BroadSoftは、いかなる理由でも、実際の結果または予測の変更に合わせるために、本書の将来予想に関する記述を公的に更新する義務を負いません。

BroadSoftについて

BroadSoftは、モバイル、固定回線およびケーブルサービスプロバイダがインターネットプロトコルネットワークを介してユニファイドコミュニケーションを提供できるようにするクラウドソフトウェアおよびサービスの大手プロバイダです。同社のコアコミュニケーションプラットフォームを使って、さまざまな企業や消費者皆様は、構内交換機(PBX)、テレビ電話、テキストメッセージング、コンバージドモバイルおよび固定回線サービスなどの、通話、メッセージングおよびコラボレーションコミュニケーションサービスを利用できます。詳しい情報は リンク をご覧ください。

Digicel Groupについて

Digicel Groupは、カリブ海、中央アメリカおよびアジア太平洋地域の32市場で事業を行っているトータルコミュニケーションおよびエンターテインメントプロバイダです。約14年間の事業の間に全世界で行った投資の総額は、現在までに50億米ドル以上に上ります。同社は、最高のバリュー、最高のサービス、最高のネットワークの提供で高く評価されています。

Digicelは、カリブ海、中央アメリカおよび太平洋地域のスペシャルオリンピックスチームなどのスポーツチームの、主要スポンサーです。また、Digicelは西インド諸島のクリケットチームのスポンサーや、カリブ海のプレミアリーグの提供パートナーです。太平洋地域では、Digicelはいくつかの国の代表ラグビーチームのプラウドスポンサーや、バヌアツのクリケットのスポンサーを務め、さまざまな市場の地域社会に根差した多くの施策を実施しています。ハイチ、ジャマイカ、パプアニューギニア、トリニダードトバゴなどでは、教育、文化、社会の発展プログラムを専門とするDigicel財団を設立しました。

詳しくは www.digicelgroup.com をご覧ください。

Digicelお問い合わせ先:
Evon Benjamin
グループ広報
+1-876-470-9026
Evon.benjamin@digicelgroup.com

BroadSoftメディアお問い合わせ先:

南北アメリカ
Brian Lustig
Bluetext PR (BroadSoft US担当)
+1-301-775-6203
brian@bluetext.com

ヨーロッパ
Andy Crisp / Jon Bawden / Kate Anderson
Cohesive (BroadSoft UK担当)
+44 (0) 1291 626200
broadsoft@wearecohesive.com

アジア太平洋地域
Terry Alberstein
Navigate Communication (BroadSoft担当)
+61 (0) 458-484-921
terry@navigatecommunication.com.au

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事