logo

マクドナルドクルー(店舗アルバイトスタッフ)募集の新キャンペーン 「クルーになろう。キャンペーン」スタート!

日本マクドナルド株式会社 2016年03月16日 12時38分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2016年3月16日(水)から、マクドナルドクルー(店舗アルバイトスタッフ)を募集する新キャンペーン「クルーになろう。キャンペーン」を実施いたします。

日本マクドナルドでは、新生活がスタートする春に、クルーの採用を強化する目的で様々な活動を実施しています。2016年は業績拡大を見込む中で、共に店舗を盛り上げてくれる人材の採用がより強く求められています。そのため、マクドナルドは、クルーの楽しさや、店舗で得られる経験を、多くの人に楽しく伝える「クルーになろう。キャンペーン」を実施します。

本キャンペーンのメインの活動として、AKB48の横山由依さんとAKB48 Team 8のメンバーを声優に起用し、新人クルーの成長を描いたアニメーション『未来のワタシ』を特設サイト(リンク)で公開するほか、活躍するクルーをイメージしたエピソードも紹介します。また、全国のマクドナルド店舗では「クルーになろう。キャンペーン」のポスターの掲出やチラシの配布などを行ってまいります。

特設サイトで公開されるアニメーション『未来のワタシ』は、新人クルーが、先輩に見守られながらイキイキと働き、お客様に柔軟に接することができる一人前のクルーに成長する姿を描いたものです。
あたたかく指導をする先輩役の声優に、実際にマクドナルドでのクルー経験があるAKB48の横山由依さんを起用。クルー時代を思い出しながら、マクドナルドの職場の空気を伝える演技をしていただきました。また、新人クルー役を務めたのは、AKB48 Team 8の岡部麟さんです。このほか全国7地方の方言バージョンも制作し、AKB48 Team 8のメンバー7名が、それぞれ新人クルー役を演じました。

マクドナルドのクルーは、「お客さまを第一に」、「ピープルを大切にする」等といった企業ポリシーのもと、先輩や社員のサポートを受けてチームワークを学び、その人ならではの接客を磨いていくことができます。本作品の中でもその様子が描かれ、計8種※のバージョンでそれぞれお客様の要望に柔軟にお応えするシーンが描かれています。
※3月16日(水)から『未来のワタシ』と方言バージョンの第一弾(東北、四国、関西)、4月4日(月)から方言バージョンの第二弾(北海道、中部・北陸、中国、九州)を公開。

アニメの制作は、新進気鋭のアニメ制作スタジオ「スタジオコロリド」が担当し、アニメーション作品としても見ごたえのある内容に仕上がりました。

マクドナルドは、この作品をきっかけとして、幅広い方にクルーの仕事を知って頂けることを願っています。また、興味を持っていただいた方にはクルーに挑戦していただき、日本マクドナルドと共に成長を実感して欲しいと考えています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事