logo

ぼくらはどうしてキャンプをするのだろう?ワクワク感を追求した、秘密基地のような十字型テント発売。

ビーズ株式会社 2016年03月16日 08時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016/03/16

ビーズ株式会社

ぼくらはどうしてキャンプをするのだろう?
ワクワク感を追求した、秘密基地のような十字型テント発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年3月、同社アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、世界初の十字型の4人用テント「クレイジーエックス」を発売します。

 「クレイジーエックス」は、4つの寝室スペースと、それらをつなぐ中央のミーティングスペースで構成されている十字型のテントです。 ミーティングスペースでは4人が顔を合わせて談笑したりトランプなどで遊んだりすることが可能。 テント内は座ることも両手を広げることもできないくらい狭いですが、寝そべりながらミーティングスペースで話をするワクワク感は、子どもの頃に憧れた秘密基地を思い起こさせます。 個別の寝室スペースが干渉しないことにより、従来のテントにて「川の字」で横になるよりもパーソナルスペースが確保されるというメリットもあります。 4人の距離感を縮め、ワクワク感を高めつつも、プライバシーも保てるテントです。
 誰でも簡単に設営・撤収ができるワンタッチシステムを採用。 ロープを引っ張るだけで中央部分を展開でき、寝室スペースをペグで固定すれば完成します。 通常のテントと比べ高さが非常に低いため、大型野外フェスが開催されるような開けたキャンプサイトであっても風の影響を受けにくい構造です。 4人用テントでありながら、重量約3.6kg、サイズ直径21cm×54cm程度に収納することができ、持ち運びも気楽に行えます。

 近年、当社を含むアウトドアメーカー各社は、野外でいかに快適に過ごすかを考えた製品づくりに励んでいます。 しかし、DOPPELGANGER OUTDOOR(R)チームが「我々は何のためにわざわざキャンプという不便なことをするのだろう」と改めて振り返った時、辿り着いた答えは「自然の中の未知なるワクワクを追い求めるため」でした。 同じようにワクワクを追い求める多くのキャンパーに、テントの中で眠りにつく瞬間までワクワクしてもらえるような製品を作りたいと考え、「クレイジーエックス」をリリースします。

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】クレイジーエックス T4-85
【カラー】マルチカラー
【サイズ】展開時:(約)W4870×D4870×H900mm、収納時:(約)W210×D210×H540mm
【重量(付属品含む)】(約)3.6kg
【材質】生地:ポリエステル フレーム:グラスファイバー
【付属品】ペグ、トップシート、キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】18,000円(税別)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事