logo

Wi-Fi/NFCに対応しスマートフォンへの簡単接続が可能充実した基本性能を備えた“EOS Kiss X80”を発売



キヤノンは、簡単な操作で本格的な写真や動画の撮影ができ、Wi-Fi/NFC(※1)に対応することでスマートフォン(スマホ)への接続が手軽になった(※2)、エントリーユーザー向けデジタル一眼レフカメラ“EOS Kiss X80”を2016年4月14日より発売します。

[画像: リンク ]



“EOS Kiss X80”は、レンズ交換式カメラEOSシリーズのコンセプトである「快適・快速・高画質」の魅力を凝縮し、高画質な写真や動画が撮影可能な基本性能を備え、撮影後も共有から鑑賞までを手軽に楽しめるように開発したエントリーユーザー向けのデジタル一眼レフカメラです。

■ 撮った写真をWi-Fi/NFCで簡単にスマホへ転送可能
Wi-FiやNFCに対応しており、撮影した写真を、その場で簡単にスマホやタブレットなどの携帯端末に転送することが可能です。さらに、キヤノンのフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」(別売)とも連携することで、一眼レフカメラならではの高画質な写真や動画を手軽に保存・整理、鑑賞して楽しむことができます。

■ 簡単な操作で本格的な撮影が楽しめるEOSシリーズならではの基本性能
APS-Cサイズの約1,800万画素CMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 4+(プラス)の搭載により、EOSシリーズにふさわしい高画質、高感度を実現しています。また、モードダイヤルの「かんたん撮影ゾーン」による9つのシーンに応じたオート撮影設定や、クイック設定機能、機能ガイドなどを搭載しており、初めてデジタル一眼レフカメラを使用するユーザーでも本格的な撮影を楽しむことができます。

■ 光学ファインダー採用による快適な操作性
視野率約95%、倍率約0.8倍の光学ファインダーとホールド性に優れたグリップの採用により、ファインダーをのぞきながらしっかりとカメラを構えることができ、手ブレを抑えてピントを正確に合わせながら撮影することが可能です。


[表: リンク ]


※1 Near Field Communication(近距離無線通信)の略称で、ISO(国際標準化機構)で規定された国際標準の無線通信規格。
※2 カメラの画像を携帯端末に取り込むことができるキヤノン専用アプリ「Camera Connect」のインストールが必要。「App Store」、「Google Play」より無料でダウンロードが可能。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。