logo

セイコーが、ブランドMV“Art of Time”を公開!

セイコーホールディングス株式会社 2016年03月14日 14時09分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月14日

セイコーホールディングス株式会社

楽曲に、装置の一部に…社員がPR動画に参加!
セイコーが、ブランドMV“Art of Time”を公開!
時計職人の技術と、最小サイズ0.7mm、47種類約1200のパーツが
織りなす精密で美しい「時間」のアート

■セイコー ブランド・ミュージックビデオ“Art of Time
動画URL : リンク
特設サイトURL : リンク

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 服部真二、本社:東京都港区、以下「セイコー」)は、グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をテーマとしたブランド・ミュージックビデオ“Art of Time”を、3月14日(月)より、YouTube(セイコー公式チャンネル)にて公開します。この動画では、機械式腕時計のパーツで創り上げられた精密な舞台装置と、セイコーの時計職人が操る繊細な指先の連携プレーにより、ルーブゴールドバーグマシン(※)が輝きを放ち動いていきます。驚きは、最小サイズ0.7mmの腕時計のパーツや、1200のパーツから成る街並みの造形美やユニークな仕掛けの数々。
(※)いくつもの仕掛けを連鎖的に作動させ、最終的に何らかの作業を実行する装置。
 
音楽は、弊社グループCEO 服部自らが作曲した楽曲に社員から集めた歌詞を散りばめ、アーティストやくしまるえつこさんが歌唱。企業PRの動画に社員が参加するのは良く見かけますが、代表・社員が曲作りや動画制作に参加するという、ほかとは一線を画したセイコーらしい新しいブランド・コミュニケーションです。

■史上初!?機械式腕時計のパーツでつくったルーブゴールドバーグマシン
本動画に使われているパーツは、すべて実際にセイコーの機械式腕時計に使われているものです。日頃、機械式時計を手がけている熟練時計職人も装置の一部となって登場し、人と精密なパーツの動きがつながっていく様子は圧巻です。撮影はすべて1発撮りで行われ、ラストシーンの時計の心臓とも言える“てんぷ”が納まり、すべて成功したときは思わず現場から歓声が沸きあがりました。
 また、エンドロールでは、47種類それぞれのパーツの名前やNGシーンも収録しています。

■最小サイズはたった0.7mm!使用したパーツは約1200個!
 最小パーツの大きさは驚くべきことに0.7mm。使われたパーツの総数はなんと1200個に迫ります。精密な造形が美しい街並みも、全てパーツからできています。ひとつの時計をつくるのに、およそ200のパーツが使われており、すべてが組合わなければ動き出さない機械式時計。技術の粋と細かなパーツの美しさが、このミュージックビデオからも感じられるようなつくりにしました。

■必見のノーカットバージョン、メイキングムービー!
 動画URL:リンク
 メイキングムービーでは、“Art of Time”の制作現場を公開。舞台ができあがるまでを定点で観察し、撮影の仕込みから1カット撮影が成功するまでを収録しました。撮影総時間は、3日間、70時間にも及びました。

音楽は、形を持たない、時間を制する芸術。「Art of Time」というタイトルには「時に音楽を乗せて、人々に豊かな時間を提供したい」というセイコーの思いが込められています。(画像(1)参照)

時計部品だけでなく、時計を作るための工具なども使用されています。(画像(2)参照)

時計職人との技術的な打合せを重ね、企画から丸一年をかけて完成。数えきれない回数のテストを重ね、撮影のテイクは2日間、15回に及びました。(画像(3)参照)

MVの途中に登場する赤い球体は、ルビー。時計のパーツの中には、軸受けの摩耗を最小限にするためいくつものルビーが使われています。(画像(4)参照)

作中には、時計のパーツでできた街で暮らす人々がちらほら。いろんなところに隠れています。ラブラブのカップルもいます。(画像(5)参照)

真っ赤なハートは、特注の腕時計サイズのスリットアニメーションマシーンによって動いています。動力には時計のムーブメントを使用。(画像(6)参照)

■作曲はグループCEO!作詞は社員!歌うのはあの人気アーティスト!?
 ミュージックビデオ内に流れている楽曲は、弊社グループCEO 服部真二が自ら手がけたもの。「時代とハートを動かすSEIKO」というグループスローガンを表現した歌詞は、グループ社員から公募。美しい映像と楽曲のシンクロにも注目してください。またこの曲を歌っているのは、幅広い音楽活動のみならず様々なフィールドで作品を発表している、CMソングなどでも大活躍のやくしまるえつこさん。優しく心地よい歌声が、映像と融合して美しい世界観を作り出しています。

セイコーイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」歌詞

一日のはじまりに
窓にひろがる光
あの空を突き抜け
希望に満ちた
未来を創りたい
急がないで一歩ずつ
一秒を大切に
輝くセイコー
時代とハートを動かそう
みんなで

嬉しい時 辛い時
いつだってそばにいる
この手を見つめれば
何かができる
希望が溢れだす
少し先にあるなにか
進む勇気を持って
ときめくセイコー
時代とハートを動かそう
一緒に

僕たちは信じてる
歩み寄り添う絆
輝くセイコー
時代とハートを動かそう
みんなで
どこまでも
一緒に

■セイコー グループスローガンについて
 セイコーは、創業以来「常に時代の一歩先を行く」という経営姿勢を貫き、革新を続けてきました。この創業からの思いと、「お客さまの感性に訴えたい」という新たな思いを込め、わかりやすく表現した企業スローガンを制定しました。時代を牽引してきた技術力と感性で、これからも未来を創造していくというセイコーの熱い意志と躍動感を伝えていきます。
 このスローガンのもと、スポーツと音楽の二つの文化活動を通して、人々の心に訴えていきたいと考えています。今回のブランド・ミュージックビデオは、音楽によるブランド・コミュニケーション活動の一環として、制作しました。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事