logo

「紙とえんぴつ」で勉強するとキャラが育つ!? 小学生のやる気を支える無料アプリが登場

株式会社学研プラス 2016年03月10日 14時00分
From PR TIMES

株式会社学研プラス(東京・品川 社長/碇秀行)は、書店で販売されている小学生向け『毎日のドリル』シリーズ専用の勉強管理アプリの無料配信を開始しました。



スマートフォンやタブレットを使ったデジタル学習が広がりを見せていますが、漢字の書き取りや計算の練習には、紙とえんぴつでの勉強が欠かせません。

今回学研が提供するのは、「勉強」は紙のドリルとえんぴつで行い、「やる気」と「学習習慣」を楽しい無料アプリが支える、というデジタル学習の新しい形です。

この無料アプリは、書店で売っている小学生向け『毎日のドリル』シリーズに対応。好きなキャラを育てながら、学習管理ができます。
[画像1: リンク ]

学研『毎日のドリル』は、書店で売っている小学生向けの定番ドリルシリーズ。1日1枚書き込んで進めることで、漢字・読解、計算などの基礎学力が確実に身につく家庭教材として支持されており、累計発行部数は740万部を越えています。

今回公開する無料アプリは、『毎日のドリル』の勉強を徹底サポートするもの。勉強した時間・日付が記録され、ストップウォッチで集中力を高め、得点をグラフ化します。勉強を進めるとキャラクターが育つので、楽しく取り組めます。毎日のがんばりを見える化することで、モチベーションアップ。子ども自ら勉強に取り組むようになります。

このアプリ単体では勉強はできませんが、書店で気軽に買えるドリルから自分に合うものを選び、家庭学習をぐんと楽しくできる無料アプリは大きな魅力です。

「紙とえんぴつ」の勉強に、「アプリ」の楽しさが加わることで、学習習慣が身につくことまちがいなしです。

<アプリの特長>
◆『毎日のドリル』を勉強した日、かかった時間、得点が記録できる。
◆勉強を進めると、キャラクターの「ひみつ」や「ワザ」が増える!
◆ドリルが1冊終わるごとに、称号や賞状がもらえる!
◆勉強時間が計れるストップウォッチ。
◆毎日の勉強時間を知らせるタイマー機能。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]

<『毎日のドリル』について>
◆子どものニーズや学校の進度に合わせて選べるよう、シリーズ全68冊を用意。小学1~6年生の学年別に、漢字・文章読解・計算・文章題などのほか、生活科や理科・社会が入った「全科」や、「小学英語」もある。
◆1枚ずつはがして使える、書き込み式ドリル。
◆スモールステップで、学校の勉強に合わせて進めやすい。
[画像11: リンク ]



【サービス概要】
アプリ名:毎日のドリル 勉強が楽しくどんどん進む!
■推奨環境
iPhone、iPad、iPod touch:対応 OS iOS7以上
各種Android端末:対応OS4.1以上
※対応OSであっても、Intel CPU (x86 Atom)搭載の端末では正しく動作しない場合があります。

■アプリ料金:無料
App Store: リンク
Google Play: リンク

■対応書籍:『毎日のドリル』 全68冊
リンク
定価:本体各580~840円+税
判型:B5判
全国の書店にて発売中。
発行所:(株)学研プラス




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。