logo

Epsilon Internationalにデービッド・アレン氏がマネジングディレクターとして就任

Epsilon 2016年03月10日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

Epsilon Internationalにデービッド・アレン氏がマネジングディレクターとして就任

AsiaNet 63640

国際経験の豊かな業界のリーダーがEpsilon Internationalを牽引

東京, 2016年3月10日 /PR Newswire/ -- 人とブランドをつなぐ世界的なトップ企業のEpsilonは10日、Epsilon Internationalのマネジングディレクターとして新たにデービッド・アレン(David Allen)氏を迎えたことを発表した 。アレン氏はEpsilonのキャシー・ラング(Cathy Lang)グローバル顧客責任者直属のマネジングディレクターとなる。

アレン氏は、EMEA(欧州、中東、アフリカ)とAPAC(アジア太平洋)地域における国際展開の推進と戦略の遂行、その他業務全般の統括を担う。管轄地域にはオーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、英国、アイルランド、ドイツ、フランス、スペインが含まれる。さらに、アレン氏が率いるグローバルチームは顧客管理を担当し、デル、ジャガー・ランドローバー、ジョンソン・エンド・ジョンソンといった大手グローバルブランドに対し、データドリブン・マーケティングソリューションを提供する。

ラング氏は「当社が国際展開を拡大し、消費者とのエンゲージメント強化を目指す多国籍ブランドへの支援を続けていく中で、国際業務を担う チームにアレン氏が来てくれたことを非常に喜ばしく思う。アレン氏は、30年以上に渡りグローバルな経験を積んでいて、特に欧州や米国、中東でリーダーとして活躍してきた。彼のビジョン、創造性、意欲は、当社の仲間や顧客の目標達成の実現をより確かなものにしてくれるだろう」と述べた。

アレン氏は、最近ではPrivacyStarのマネジングディレクターを務め、同社の欧州市場への参入を担当。それ以前にはMarketing Radar、Navigant Consulting、アクシオムで上級管理職やアドバイザー役を歴任した。

アレン氏は「最高マーケティング責任者(CMO)には、世界中の消費者ニーズに応え、感情レベルで消費者とのつながりを構築するという役割がますます求められている。このため、最も必要とされるタイミングで個人的なつながりを持つことを可能にする、ツール、戦略、洞察力、そしてアイデアを総動員できるパートナーが必要となる。Epsilonは誰よりも消費者を深く理解するだけでなく、革新的技術や素晴らしいアイデア、それに顧客にとって最も大事な目に見える成果を生み出してきた折り紙付きの実績がある。技術革新がめまぐるしいこの業界において、Epsilonが成長し変化し続けていくために、私が力になれることはとても嬉しいことだ」と話した。

アレン氏は英国のテディントン事務所に駐在する。

▽Epsilonについて
Epsilonは人とブランドのつながりを構築する世界的なトップ企業である。当社は総合的なグローバルマーケティング企業で、豊富なデータ、革新的な技術、魅力的な創造性、斬新なアイデアの力を駆使して、クライアントが求める結果を生み出す。AD Age誌はEpsilonを、世界No.1のCRM/ダイレクト・マーケティング・ネットワーク、米国No.1のデジタルエージェンシー・ネットワーク、米国No.1のエージェンシーとして評価した。Epsilonは世界70カ所で7000人以上のスタッフを擁する。また、EpsilonはAlliance Data社の一員である。

Epsilon InternationalはEpsilon(リンク )の事業部門の一つで、オーストラリア、中国本土、香港、インド、日本、シンガポール、英国、フランス、ドイツ、アイルランドに事務所を持つ。詳細はepsilon.com(リンク )を参照するか、Twitter @EpsilonAPAC でフォロー、ないしは電子メールapac-fo@epsilon.com で問い合わせを。

▽報道関係問い合わせ先
Mario Takeyama
Epsilon
mario.takeyama@epsilon.com
+81-3-4540-1143

Photo - リンク
Logo - リンク


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事