logo

双日システムズ、マジックソフトウェア・ジャパン、アイディーエス3社共同でデータ連携クラウドサービス「PolarisGate」を提供開始

~ノンプログラミングEAIツール「Magic xpi」をサブスクリプション提供~

双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:南部 匠/以下、双日システムズ)、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:佐藤 敏雄/以下、マジックソフトウェア)、株式会社アイディーエス(本社:東京都港区、代表者:中野 貴志/以下、アイディーエス)は、基幹システムやクラウドサービス間のデータ連携をノンプログラミングで実現するEAIツール「Magic xpi」を、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表者:長崎 忠雄)が運営するIaaS基盤「Amazon Web Services(以下、AWS)」上で稼働し、サブスクリプション提供するサービス「PolarisGate」を2016年4月より開始いたします。

「Magic xpi」を「Amazon Web Services」上で稼働 - EAIをオンプレミスからパブリッククラウドへ:
EAI(Enterprise Application Integration)とは、企業内やクラウドサービスで使用されるコンピュータシステムをノンプログラミングで連携し、データやプロセスを統合するツールです。双日システムズでは、クラウドサービスの台頭による社内システムのマイクロサービス化や、IoT(Internet of Things)によるモノのネットワーク化等によるデータ連携ニーズの増加を踏まえ、オンプレミスで販売していたEAIツール「Magic xpi Integration Platform (以下、Magic xpi)」を「Amazon Web Services(以下、AWS)」で稼働させるクラウドサービス「PolarisGate」の提供を開始しました。

パブリッククラウドでの稼働を実現したことで、自社でサーバを購入する調達期間を削減でき、サーバの環境設定やソフトウェアのインストールを行なう作業時間も削減することが可能となりました。これにより、最短で1週間での環境提供が実現できます。また、本サービスは最短の契約期間を1ヶ月としていますので、期間限定で安価にデータ連携システムを導入したい方々やEAIツールをスモールスタートで導入したい方々向けに、ソリューションをご提供することが可能となりました。


「PolarisGate」の特長:
・コスト削減を追求し、圧倒的な低コスト化を実現
「PolarisGate」は、AWS上のサーバを複数ユーザが共同で利用するマルチテナント方式を採用しています。マルチテナント方式を用いる事で、マシンスペックやサービスレベルを落とすことなく、1社あたりが負担する初期費用や月額費用を削減することが可能となりました。
また、「Magic xpi」の大きな特長である同時実行スレッド単位の課金体系を「PolarisGate」でも採用しています。一般的なデータ連携ツールでは、処理命令を起動する為のイベントであるトリガー数に応じた課金体系が多く用いられていますが、トリガー数に応じて課金をすると、システム間の連携が増える度に月額利用料が増加してしまう傾向にあります。同時実行スレッド単位の課金体系とは、同時に実行する処理命令の数に応じて課金をする方式です。トリガー数が増えても月額利用料が増えることはありませんので、価格を気にせずにシステム間の連携を増やして頂くことが可能です。

・信頼性、可用性の高いサービスを実現
AWSのサーバ運用は、AWSに特化したクラウドサービス「サニークラウド」を運営するアイディーエスによる、24時間365日の運用監視を行ないますので、信頼性・可用性の高いサービスを実現しています。また、顧客情報や経営情報等を扱う場合にも備えて、ユーザ毎にサーバを構築するシングルテナント方式のサービスや、拠点間のデータ連携を安全に行なうVPNサービスもオプションメニューとしてサブスクリプション方式で提供していますので、よりセキュリティレベルの高い環境での連携を希望されるユーザにも安心してご利用頂けます。
さらに「magic xpi」では、大量のデータを多数のサーバのメモリ上で分散して管理する技術であるインメモリーデータグリッドテクノロジーを採用しています。マルチテナント方式で懸念される、他のお客様の高負荷処理によるレスポンスの低下にも柔軟に対応することが可能です。

・豊富なメニュー体系で様々なユーザのニーズに対応
「PolarisGate」は、あらゆる状況のユーザにご利用頂けるように、豊富なメニュー体系を用意しています。システムに関する知識を有し、データ連携のフローを自社で作成することが可能なユーザには、開発環境を提供するサービスを用意しており、フロー作成から運用までを一括で委託したいユーザには、フロー作成代行サービスを用意しています。
また、システム間のデータ連携を容易に行なう為のアダプタも、「Magic xpi」が有するアダプタ66種類500機能以上を利用することが可能であり、様々な基幹システムやクラウドサービスとの連携を可能としています。

双日システムズでは、「PolarisGate」を様々な方々にご利用頂く為に、教育メニューの整備やアダプタ開発を行なって参ります。

「PolarisGate」が目指すこと:
・複数システム間のデータ連携プラットフォームを構築
 特定の業務分野に特化したクラウドサービスが増加する事で、サービス群を疎結合するマイクロサービス化が進んでいます。基幹システムにカスタマイズを加えていくのではなく、システムとクラウドサービス間を連携することで、外部環境の変化に柔軟に対応できるシステムを実現できます。営業支援システム(SFA)やBIツール、ECサイト等の周辺システムとの連携でクラウドサービスを利用している場合、これらを1対1に繋ぐのではなく、データ連携プラットフォームとして「PolarisGate」を利用する事で、システム間のデータ連携を簡単に早く実現することが可能となります。

・あらゆるデータを繋ぐネットワークインフラを構築
 スマートフォンの普及やIoTによるモノのインターネット化により、人やモノの行動をデータとして取得することが可能となりました。これらのデータを収集・分析して行動特性を把握することで、マーケティングや保守効率を向上させる企業が増えています。一企業で収集するプライベートなデータだけではなく、公共機関や大手企業が提供するパブリックなデータを組み合わせた分析が今後益々増えていくことになります。公共機関や会社間を結ぶネットワークインフラとして「PolarisGate」を利用する事で、社会に溢れるデータを有効に活用することが可能となります。

用語解説

【Magic xpi Integration Platformについて】
マジックソフトウェア・エンタープライゼスが全世界50ヶ国で提供している、ノンコーディング(プログラミング言語等を記述することなく)のシステム連携ツールです。Salesforce、Microsoft Dynamics、SAP ERPなどの基幹業務システムとのシステム連携において多くの実績があります。
リンク

【サニークラウドについて】
アイディーエスが運営するAWS(Amazon Web Services)に特化したクラウドサービスです。AWS
環境構築、既存インフラ環境のAWSへの移行・マイグレーション、また、構築・移行後の運用・監視までをワンストップでを行ないます。また、手数料無料の請求代行や、オリジナルサービスの展開も提供しております。
 ※サニークラウドはAWSのアドバンスドコンサルティングパートナーに認定されています。
リンク


■双日システムズ株式会社について
双日システムズは、SI ソリューションとネットワークソリューションの技術を融合させたシステムインテグレータです。「高品質・低価格・スピーディ」という徹底した顧客指向によって、長年にわたって培ってきたシステム・ネットワーク・IT に関する技術力や、総合商社双日のグローバルなネットワーク活用し、競争力のあるサービス・製品を提供しています。
会社ホームページ: リンク
製品ホームページ: リンク

■マジックソフトウェア・ジャパン株式会社について
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネス・アプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic xpa」と、サービス指向のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。
会社ホームページ: リンク

■株式会社アイディーエスについて
1996年創業の独立系システムインテグレータ。情報系システム構築を専門としており基幹系システムや営業支援システム・CRM、EC-CUBEを利用したB2B ECサイト構築など数多くの提案・開発実績を有します。
会社ホームページ:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。