logo

Signalyst製ハイレゾ対応音楽再生ソフトウェア「HQPlayer」アップデートのご案内

株式会社エミライ 2016年03月10日 08時40分
From PR TIMES

平素より弊社取り扱い製品をご愛用くださり誠にありがとうございます。この度,Signalyst製ハイレゾ対応音楽再生ソフトウェア「HQPlayer Ver.3.13.2」を公開いたしましたので,ご案内申し上げます。旧バージョンをお使いのお客様は新バージョンに更新いただきますようお願い申し上げます。変更点は以下の通りとなります。



[画像: リンク ]

アップデート内容
新機能


PCM/SDM(DSD)自動切り替え機能を追加しました。プレイリスト内にPCMファイルおよびDSDファイルが混在する場合に,自動的に再生モードを切り替えて再生します。
自動アップサンプリング機能を追加しました。DACが対応する最大の量子化数/サンプリングレートまで自動的にアップコンバージョン/アップサンプリングを実行します。
新しいマトリックス処理機能を追加しました。ルーティング/フィルタリング/ミキシングを最大32chまで行うことができます。
マルチチャンネル再生用のスピーカー距離設定がPCM再生時・DSD再生時を問わず利用可能になりました。
Roonに対応しました。コントロールインターフェースおよびメディアソースとして動作します。
MQAフォーマットでエンコードされたFLACファイルに含まれるノイズ成分を除去するための「poly-sinc-mqa」オーバーサンプリングフィルターを追加しました。
高いタップ数による「Closed-form」オーバーサンプリングフィルターを追加しました。
CPUへの負荷が少ないことが特長の「Closed-form-fast」オーバーサンプリングフィルターを追加しました。
2段のオーバーサンプリングを行う「*-2s」オーバーサンプリングフィルターを追加しました。
演算処理の一部をNVIDIA CUDAを用いてGPUにオフロードする機能を搭載しました。
曲をソートして表示する際に,メタデータのトラックナンバー情報を参照する機能を追加しました。
Apple純正キーボードのファンクションボタンのレイアウトを反映して,新しいキーボードショートカット機能を搭載しました。
リモートコントロールAPIに対応しました。複数のアプリケーションによるストリーム再生や拡張機能にも対応します。
再起動時にプレイリスト等の設定を保持する仕様に変更しました。


性能向上


ASDM7変調器の特性を改善しました。
DSD7変調器の特性を改善しました。
ASIO再生時のバックエンド処理を再設計しました。
SDMパイプライン再生時のオーバーヘッドを低くしました。
その他のパフォーマンス向上


不具合修正


DSDファイル再生時に畳み込み演算およびパイプライン処理で正しく演算されない不具合を修正しました。
32bit Windows OSとの互換性の問題を修正しました。
Direct SDMモードで動作している際に特定のDSDファイルを再生すると再生が中断してしまう不具合を修正しました。
その他の不具合修正


今回のアップデートには細かいバグフィックスも含まれておりますので,お問い合わせになる前に必ず最新バージョンにアップデートいただきますようお願い申し上げます。アップデート方法については,日本語Webサイトをご参照ください。

Webサイト
リンク


<会社概要>
社名:株式会社 エミライ emilai inc.
webサイト:リンク
本社:〒113-0034 東京都文京区湯島1-2-5
代表取締役:河野 謙三
TEL: 03-6206-4710 (大代表) / FAX: 03-6779-5480

<お問い合わせ先>
【電話でのお問い合わせ】受付時間:平日11:00から18:00まで
TEL: 03-6206-4710 (大代表)
【メール・FAXでのお問い合わせ】受付時間:年中無休・24時間受け付け
Mail:sales@emilai.co.jp
FAX:03-6779-5480
※ プレス関係者様・販売店様はその旨ご連絡下さい。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。