logo

マクドナルドのスタッフが、リオデジャネイロオリンピックで活躍 リオデジャネイロオリンピックに“マクドナルド日本代表クルー”9名を派遣!

日本マクドナルド株式会社 2016年03月09日 15時42分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2016年8月5日(金)~8月21日(日)まで開催される第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に、マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー※』となる日本代表クルー9名を派遣いたします。このクルーは、8月16日(火)~8月21日(日)(現地時間)にリオデジャネイロに滞在し、オリンピック選手やメディア、関係者など多くのお客さまへ、オリンピック・ビレッジの特別店舗でサービス提供を経験します。

マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』日本代表9名は、オリンピック期間中、オリンピック・ビレッジ内に出店するマクドナルド特別店舗でオペレーションを体験する予定です。また、店舗体験外の時間には競技観戦、リオの文化体験、他国のマクドナルドクルーたちとの交流など、マクドナルドが用意するプログラムに沿って、一生に一度の貴重な経験をいたします。来る2020東京オリンピックを見据え、日本マクドナルドではこの機会を、日本人クルーの技や、サービス、おもてなしが外国のお客様にどのように映るのかを計り、将来へのリハーサルの場とすることも計画しています。

この日本代表の9名は、全国12万人のクルーの中から、厳正な審査を経て北は北海道から南は沖縄、年齢は18歳から39歳まで幅広いメンバー構成で選ばれました。バーガーやポテトづくりなどマクドナルドならではの店舗業務の技能のほか、「リオデジャネイロで叶えたい゛おもてなし゛」「自分こそがマクドナルド日本代表である理由」をテーマとした作文での審査、面接等によって選抜され、日本マクドナルドを代表するにふさわしい、おもてなしの心と技術を持った精鋭たちです。

今回内定したクルーは、日本一正確で美味しくポテトを提供できる「ポテトの達人」や、三味線や民謡、書道など和の心に精通した「三味線美人クルー」、3人のお子様を育てながら、日本有数のフロアサービスを提供する「ママの星クルー」など、個性的かつマクドナルドの高いスキルと熱いオリンピックへの情熱を持つメンバーです。オリンピックに 出場するアスリート同様に、マクドナルド『オリンピック・チャンピオン・クルー』の日本代表クルーたちも、お客様に快適な店舗体験をしていただくため、現地を訪れるまでの日々の仕事や研修で担当ポジションの技術を磨き、素晴らしい日本代表クルーとなることを目指してまいります。

※マクドナルドでは、店舗で働くアルバイトをクルーと呼んでいます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事