logo

DRLが第1回レースLevel 1: Miami Lightsの優勝者を発表

The Drone Racing League 2016年03月09日 10時14分
From 共同通信PRワイヤー

DRLが第1回レースLevel 1: Miami Lightsの優勝者を発表

AsiaNet 63703(0303)

【ニューヨーク2016年3月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*DRLは2016年最初のレースでスティーブ“Zoomas”ズーマス(Steve “Zoomas” Zoumas)がチャンピオンに輝いたと発表

Drone Racing Leagueは9日、2016年シーズンの第1回レース「Level 1 : Miami Lights
」の全容と、リーグ最初のレース優勝者がスティーブ“Zoomas”ズーマス氏だったと発表した。世界中から集まったえりすぐりの12人のドローンパイロットは、ビデオゲームを除けば最も複雑なレースコースでFPV(一人称視点)フライトの限界を超えた。Zoomasは積極的なレース展開と正確なフライトで優れた技量のパフォーマンスを示し、他のトップレーサーや有名なドローンパイロットRekrek、FlyingBear、M0Keらを破り優勝した。DRLレースの最初の優勝者のZoomasは、米カリフォルニア州ロサンゼルスのHawthorne Mallで今月開催されるDRLシーズン2回目の「Level 2:LApocalypse」に望むが、優勝者の本命となる。

Photo - リンク

DRLレース「Level 1: Miami Lights」戦ファイナルのも模様は以下から視聴できる。
Level 1: Miami Lights - Final Episode
リンク ).

Zoomasは「最初のDRL優勝者になれて大変興奮している。このレベルでドローンレースを競い合うのが夢だった。DRLで、われわれは世界で最優秀の技能を誇るパイロットと対戦し、コースもスリリングでエクストリームであり、信じられないほど感動的な製作スケールとなっている。ドローンレースのコミュニティーでこれまで経験したことのないものだ。FPVレースではただでさえアドレナリンがほとばしるが、DRLレースで優勝することはその状態を突き抜けたものだ」と語った。

スティーブ“Zoomas”ズーマス氏はニューヨーク・ロングアイランドのウェーディングリバー出身。4輪バギー車レースやダートバイクを乗り回して育ちFPVフライトのイマーシブ体験に引きつけられた。彼は現在FPVレースを通じて、スピードとコンペに対する水kらの要求を満たしており、世界のベストパイロットを破り最初のタイトルを防衛したいと熱望している。

DRL 2016最初のレースは、マイアミ・ドルフィンズのホームグランドであるサンライフ・スタジアムで開催され、これまでなかったような最もダイナミックでチャレンジングなFPVレースコースを紹介した。レース主催者は、コース設計の限界をさらに押し進めていくと断言しており、サプライズ機能や新しい障害が設置される。

▽「Level 1: Miami Lights」について
Level 1では、パイロットは異なる4カ国から参加し、この種では初のコースと初回のDRLレースで競争した。「Level 1: Miami Lights」に参加したパイロットは以下を参照。
DRL Standing and Pilot Profiles(リンク )。3D、サンライフ・スタジアムのキロメートル級ロングコースの概観などは以下のビデオを参照。Level 1: Miami Lights Course Animation:(リンク ).

FPVフライトを学びDRLパイロットと比較した自分の技能をテストするには、DRL FPVシミュレーターの最新バージョンを薦める。シミュレーターはウェブサイトリンク からダウンロードできる。ファンはこのシミュレーターでサンライフ・トラックのアニメバージョンを家庭で飛行できる。

▽DRL(Drone Racing League)について
DRLはプレミア・ドローン・レーシング・リーグである。スポーツ・メディア企業であるDRLは世界クラスのフライトスキルと独自の技術を一体化して、多数の人々にアピールする魅力的なドローンレーシング・コンテンツを開発した。2016年、DRLは世界選手権を冠した世界イベント・シリーズを開始する。DRLは2015年にニコラス・ホルバチェウスキー氏によって創設され、ニューヨーク市に本社を置く株式非公開企業である。
2016年のレースシーズン詳細はリンク を参照。
会話に参加するためDRLをフォローするには以下から。
Facebook:
facebook.com/thedroneracingleague (リンク
Twitter:
@DroneRaceLeague (リンク
Instagram:
@thedroneracingleague(リンク

▽問い合わせ先
Ben Johnson, Head of Communications, DRL
ben@drl.io

ソース:The Drone Racing League

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。