logo

IP Infusion、統合ネットワークオペレーティングシステム「OcNOS v1.1」を発表

株式会社 ACCESS 2016年03月08日 14時20分
From PR TIMES

-ネットワークの拡張性およびコスト効率を一段と向上-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア、最高経営責任者:大石 清恭、以下 IP Infusion)は、本日、データセンター事業者や企業向け統合ネットワークオペレーティングスシステム「OcNOS(TM)(オクノス)」のv1.1を開発し、提供開始したことを発表いたします。V1.1では、複数のデータセンター間におけるネットワークの拡張性およびコスト効率を一段と向上させる機能を強化しています。



具体的には、新たにL2(レイヤ2)、L3(レイヤ3)、MPLS(Multi Protocol Label Switching)対応機能を拡張しています。これらの新機能と新オープンスタンダード技術を組み合わせることにより、事業者は、従来型の階層的なデータセンター構成であっても、グローバルに張り巡らされた複数のデータセンター構成であっても、拡張性が高く、コスト効率のよいデータセンターの構築が可能になります。また、「OcNOS v1.1」による複数のデータセンター間接続により、データセンター間をまたぐサービスの拡張も可能です。

IP Infusionの最高経営責任者(CEO)大石 清恭は、
「新たなデータセンターの設計や拡張性を高めるために複数の遠隔地へネットワークを拡張する際には、処理能力を強化しつつも、コストを抑えるという難題に直面します。最新版『OcNOS v1.1』では、今日の大規模データセンターを有する事業者へ市場実証済みのソリューションを提供し、開発期間の短縮、拡張性・経済性のさらなる向上の実現に向けた取り組みを支援します」と、述べています。

「OcNOS v1.1」のL2、L3、MPLS対応の主な新機能は以下の通りです。

■MC-LAG(Multi-Chassis Link Aggregation Group)対応:
リンクアグリゲーションを用いたリンク冗長化と共に、ノードレベルの冗長可を実現。MC-LAG は、MPLS対応のデータセンター間の相互接続に一般的に用いられる方法です。

■TRILL対応:
データセンター間での帯域拡張およびアンダーレイファブリック構成を可能とします。

■UFD(Uplink Failure Detection)/TFO(Trigger Failover)の両機能への対応:
リンク障害検出およびコンバージェンスを迅速化します。

■マルチプルVR対応:
L3上のVRRP、VRF、BGP Selective FIBのすべてをサポートします。

■MPLS対応:
RFC2210(※1)、RFC4124(※2)、RSVP FRR機能を備えたVPWS、VPLSサービスをサポートします。これらの機能は、伝送網にとって非常に重要な課題である、帯域保証や冗長性を強化します。

■最新のハイブリッド型L2/L3データセンターソリューション向けに、VxLANに対応したBGP-EVPNをサポートします(ベータ版)。

■セキュリティ機能として、オートリカバリを兼ね備えた障害自動停止機能、コントロールプレーンDOSプロテクションを実装しています。

OcNOSについて
「OcNOS」 は、容易に、迅速に、低コストで、企業ネットワーク規模のルーティングやスィッチング、さらにはMPLSのような大規模ネットワークで使用されるプロトコルをサポートする、拡張性の高いネットワークオペレーティングスシステムです。ハードウェアのオープンソース化を推進する団体「Open Compute Project(オープンコンピュートプロジェクト、OCP)」技術に準拠したMPLS対応の統合ネットワークオペレーティングスシステムとしては、業界初となります。

「OcNOS v1.1」を導入することにより、事業者は、規模に依らず、先進のL2/L3の技術を利用して自社データセンターを再設計したり、OCPに代表されるような、ハードウェア機器メーカや新たなオープンスタンダードによる商用オフザシェルフ(commercial off-the-shelf、COTS)技術を活用することにより、ハードウェア機器への投資やネットワーク運用に掛るコストを低減することが可能になります。

「OcNOS」に関する詳細は、リンク(英語)をご覧ください。

(※1)と(※2):インターネット標準化団体IETFにより標準化された技術。詳細は、それぞれ「Use of RSVP with IETF integrated Service」(リンク)および「Protocol extensions for support of Diff-Serve-aware MPLS Traffic Engineering」(リンク)をご参照ください。

■IP Infusion Inc.について
IP Infusionは、キャリア/データネットワーク向けに最先端のソフトウェアを提供する、 業界の先駆的企業です。通信事業者や通信機器メーカは、IP Infusionの製品を活用することで、 自社製品やサービスの迅速な市場投入や競合他社との差別化を低コストで実現しています。 通信機器向けミドルウェア「ZebOS(R)」は、世界中の主要通信機器メーカを含む300社を超える企業に採用されています。業界初となるOCP(Open Compute Project)準拠のMPLS対応の統合オペレーティングシステム「OcNOS(TM)」は、大規模ITネットワーク構築を簡素化し、実装を容易にするホワイトボックス向けソリューションです。NFV(Network Function Virtualization)ベースの仮想ネットワークプラットフォーム「VirNOS(TM)」は、事業者のネットワークサービスの開発・運用をコスト効率よく実現します。 IP Infusionはカリフォルニア州サンタクララに本社を置き、ACCESS CO., LTD.の100%出資子会社です。
リンク
[画像1: リンク ]



■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける仮想化技術の開発力とノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
リンク
[画像2: リンク ]



※ ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP Infusion、IP Infusionロゴ、OcNOS、VirNOS、ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事