logo

AWE 2016が家電マクロ・エコシステムを確立

China Household Electrical Appliances Association 2016年03月07日 16時25分
From 共同通信PRワイヤー

AWE 2016が家電マクロ・エコシステムを確立

AsiaNet 63688 (0299)

【上海2016年3月7日PR Newswire=共同通信JBN】中国家電業界の最重要イベント、AWE 2016が3月9日開幕する。AWE 2016は、インテリジェント・エコロジーや未来の家庭生活を展示する革新的プラットフォームの役割を果たす。「Internet + My Home」のテーマの下、家電業界の最適化および「Internet+」の統合に重点が置かれる。

AWE 2016でビジターは、ハイアールの5000平方メートルの展示、美的の3000平方メートル区域、パナソニックの2000平方メートルの空間、サムスン、LG、Greeの各1000平方メートル近いブースを見ることになる。出展者はインターネットと連携する最新スマートホーム・ソリューションの公開を待ち望んでいる。各ブランドはインテリジェント家電分野で、異なるテクノロジーを活用しているものの、すべてが同じ刺激的体験を消費者にもたらそうとしている。

TCL、Skyworth、ハイセンス、Galanz、Changhongなど大手中国ブランドの多くは、ボッシュ、シーメンス、A.O. Smith、ワールプール、パナソニック、日立、三菱など数々の国際ブランドと並んで自社製品を売り込む。Orans、Dorel、XINGX、Tejjer、TAKA、Soojeeを含むいくつかの大手インテリジェント浴室家電ブランドは、ファーウェイ、Xiaomi、JD.com、Broadlink、MXCHIP、Lifesmartなど各種ソフト・ハードウエア企業とともにAWE 2016に出展する。

展示者は冷蔵庫、エアコン、洗濯機、カラーテレビ、台所用品、照明器具、カーテン、ホームセキュリティー・システムなどさまざまなインテリジェント家電のデモンストレーションに力を入れる。これらの電気器具はすべてほかの家電とつなげてモバイル端末、さらには音響や身体運動によって管理することが可能である。これらの未来的なインテリジェント機能はビッグデータ・テクノロジーでサポートされ、未来のスマートホームの日常生活を一層便利で面白いものにする。家電企業はスマート製品だけでなく、家電エコシステムを確立し、設計から製造、使用、アフターサービスに至る全プロセスを通じて、個人に合わせたサービスも提供する。

エンベデッド家電、食器洗い機、浄水器、空気清浄器、スマート浴室家電、衣類乾燥機など一連の新製品とその他の新セグメント市場も急成長している。最近脚光を浴びて注視されているスマート・トイレカバーもAWE 2016で公式披露される。

AWE 2016は期間中、グローバル家電エコシステムをデモするプラットフォームと自らを位置づけ、40回以上の記者会見を通じて周知徹底される。

多くのサミットが同時開催される。ハイアール・グループの梁海山会長、Skyworthのヤン・ドンウェン社長、JD.comのヤン・シャオビン副社長、ファーウェイの邵洋コンシューマー向け端末事業グループ 戦略マーケティング担当プレジデント、のディン・ウェイ社長、Xiaomiのワン・チュアン共同創業者ら著名ゲストが会合し、国際的競合の観点から中国家電業界の発展傾向について討議する。

▽AWEについて
AWE(Appliance & Electronics World Expo)はChina Household Electrical Appliances Association(CHEAA)が主催し、20年以上の歴史がある。AWEはCES、IFAと並び世界家電業界の3大見本市と呼ばれる。10万平方メートル以上の会場では、推定600を超える出展者が2万以上の製品を展示する。製品は家電、環境・健康器具、スマート製品、台所・浴室器具、白物家電、アクセサリー、コンポーネントを含む。約15万人の入場者が見込まれる。

2016年3月9-12日
上海・新国際博覧センター
リンク

▽問い合わせ先
Ms. Cara WANG
+86-10-67093609
cara.wang@cheaa.com

ソース:China Household Electrical Appliances Association

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事