logo

SFの巨匠・小松左京 生誕85周年、没後5年企画『首都消失』初電子化!

カバーイラストや劇場版ポスター、直筆原稿など豪華な電子オリジナル特典も収録!

株式会社徳間書店(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 健一)は、 2016年3月4日(金)に小松左京のSF長篇大作『首都消失』を電子書籍として発売いたします。



[画像: リンク ]

ある朝、前触れもなく東京が半径30km、高さ1kmの正体不明の雲に覆われ、近郊を含む2000万人近い人々との通信・交通は一切途絶。日本は首都を失ってしまう。政治・外交・金融・軍事、商業……すべての中枢が東京に一極集中しているが故に、その中枢を失った日本に起きた事態とは……?
『首都消失』は、そんな危機的状況をリアルに描き、一極集中が進む日本の脆弱性に警鐘を鳴らした作品です。

この小説が中日新聞、西日本新聞、北海道新聞に連載されたのは1983年ですが、その先見性は、2016年の現在だからこそ、わかります。ますます進む東京への一極集中、地方の疲弊。一方で、米国やロシア、中国との軍事バランスの変化。もし、今、本書と同じことが起きたとしたら……?

今回、徳間書店では、この大作を初電子化、発売することとなりました。
電子オリジナル特典として、生賴範義の貴重なカバーイラストを収録のほか、劇場版「首都消失」のポスター、小松左京直筆原稿、小松左京ライブラリによる解説を収録。盛りだくさんの内容でお届けします。

この機会に、ぜひ多くの読者の方にお読みいただけますと幸いです。


【STORY】
S重工企画総務課長・朝倉達也は、役員会議へ新企画報告のため、名古屋を発ち東京へ向った。が、途中で新幹線がストップ、首都圏に大異変が起ったことを知る。都心を中心に半径三十キロ、高さ千メートルの正体不明な巨大な“雲”に覆われ、交通通信電波は遮断、死者も出たのだ。家族は友人は無事だろうか? この“封鎖”は一時的現象なのか? 国家中枢を失った日本の将来は…? 日本SF大賞受賞のパニック巨篇。(底本の上下巻を1冊に収録)

【電子オリジナル特典】
・生賴範義・カバー原画
・劇場版『首都消失』ポスター
・小松左京 直筆原稿
・小松左京ライブラリによる解説

【配信書店】
■Kindle リンク
■楽天Kobo リンク
■紀伊國屋書店BookWebPlus リンク
■セブンネットショッピング リンク
■BookLive! リンク
■iBooks リンク
■eBookJapan
■デジタルe-hon 
■Neowing
■Reader Store
■Yahoo!
■DMM.com
ほか

【希望小売価格】本体 1000 円 +税

【形式】ePub3・リフロー

【著者プロフィール】
小松左京(こまつ・さきょう)
1931年大阪生まれ。京都大学文学部卒。1963年、「SFマガジン」掲載の「易仙逃里記」で商業誌デビュー。『地には平和を』『復活の日』『空中都市008』「くだんのはは」、『虚無回廊』など長篇、短篇あわせ多数の作品を発表。1973年の『日本沈没』は、第27回日本推理作家協会賞・第5回星雲賞(日本長篇部門)を受賞。さらに、上下巻合わせて400万部を超えるベストセラーで社会現象となり、二度にわたり映画化された。また、作家活動のかたわら、大阪万博のテーマ館サブ・プロデューサー(1970年)、国際花と緑の博覧会の総合プロデューサー(1990年)等でも活躍した。2011年7月26日逝去。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。