logo

第18回ハバノス・フェスティバルでシガーローラーへのトリビュート

ハバノス 2016年03月04日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

第18回ハバノス・フェスティバルでシガーローラーへのトリビュート

AsiaNet 63650

ハバナ(キューバ)、2016年3月3日/PRニュースワイヤー/ --

・シガーローラーを象徴する人物に加えて、ハバノスの生産を可能にしているキューバの工場のプロたちも主役となります。
・コイーバ工場、エルラギートが見学者に公開されます。
・キューバのアイデンティティーが、ハバノスとハバナクラブ・ラムを一つにします。

ハバノス・フェスティバルは第18回の中盤を越えましたが、ハバノが来場者をつなぐ共通の絆となり、親しみやすく高級な雰囲気は続きます。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください。
リンク

エルラギート・プロトコル・ホテルが、老練な技でハバノスを手巻きする製造工程の最終責任者である著名な人物、シガーローラーへのトリビュート・ナイトの会場となりました。それは、参加者がトリニダッド・トペスの2016年リミテッドエディション、新しいH・アップマン・マグナム54、また手作りのヒュミドール1個の抽選会を行ったクアバ20アニベルシオなど、今年の主要リリースをいくつか試す、特別なディテールとサプライズに満ちた夜でした。

第18回ハバノス・フェスティバルの参加者は本日、コイーバ・ブランドの拠点となる前は伝説的な「エスクエラ・デ・トルセドラス」(シガーローラーの学校)の所在地だった、象徴的なエルラギート工場を見学することもできます。同工場の見学は大変まれで、前回フェスティバル参加者がこのネオクラシカル様式の邸宅でハバノス製造工程を学ぶ機会を持ったのは、10年も前のことでした。

第18回ハバノス・フェスティバルではまた、世界最高級のタバコの栽培地帯であるピニャールデルリオにあるブエルタアバホ*のプランテーション見学など、多数の伝統的、教育的活動を催してきました。

さらに3月2日(水)には、厳選した2種のハバナクラブ・ラム(ハバナクラブ・ユニオン:コイーバ・アトモスフィアーとハバナ・クラブ・トリブート・コレクション2016)と クラシックなコイーバのビトラ(コイーバ・シグロ6とコイーバ・ジェニオス)との組み合わせを出席者に楽しませる、二つの象徴的なキューバ製品、ハバノスとハバナクラブ・ラムの提携が行われました。

詳細: リンク

報道関係お問い合わせ先:  
Habanos, S.A.:
Daymi Difurniao (ddifurniao@habanos.cu ; 電話: 5372040513, 内線565)
Young & Rubicam Group:
Monica Perpina-R. (monica.perpina@yrbrands.com ; 電話: +34 620735355)

     (写真: リンク )

動画:
     リンク

情報源:ハバノス


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事