logo

卓上型対話支援システム『comuoon SE』さらなる聴こえやすさをかなえる『TV connect』『sound connect』2016年3月3日から発売開始

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 2016年03月03日 19時34分
From PR TIMES

補聴支援の常識を変えたコミュニケーションサポートシステムcomuoonがさらに進化



「コミュニケーションのバリアフリー社会」の創出を目指し、卓上型会話支援システム「comuoon」(コミューン)を開発・販売しているユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中石真一路、以下『ユニバーサル・サウンドデザイン』)は、補聴支援の常識を変えたコミュニケーションサポートシステムcomuoonをさらに進化させた、卓上型対話支援システム『comuoon SE』と、さらなる聴こえやすさをかなえる専用アクセサリー『TV connect』『sound connect』を、2016年3月3日(木)から発売開始いたします。


[画像1: リンク ]



commonは、「音声コミュニケーションを諦めかけていた難聴者の支援」「補聴器とは全く違う、話者側からのアプローチ」「話者側からも難聴に歩み寄る」といった全く新しい聴こえの支援として、2013年12月にデビューし、聴こえの世界に新しい旋風を巻き起こしてきました。comuoon活用による「聴こえのユニバーサルデザイン」は、医療機関や療育機関での導入実積はもちろん、金融機関での導入が着実に増えており、2016年を機に「社会インフラ」として更に昇華していくものと考えています。

今回の新製品発売により、「使用者の声を反映したスペックアップ」「TV視聴やPC利用時といった、支援できるシーンの拡大」を実現しました。当社は、2018年までにメディカル、エデュケーション、コンシューマーの3つのフィールドで5つの製品を投入予定です。今後も新しいcomuoonシリーズの追加投入により、更なる利便性の向上を図ってまいります。

【comuoon SE製品特徴】

[画像2: リンク ]

【comuoon TV connect製品特徴】
[画像3: リンク ]



【comuoon sound connect製品特徴】

[画像4: リンク ]

≪会社概要≫
・社名: ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社
・設立: 2012年4月
・資本金: 111百万円
・代表者: 代表取締役 中石真一路(なかいし しんいちろう)
・所在地: 東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2F
・URL: リンク
・事業内容: ・聴こえ支援機器の設計・開発・販売
・各種店舗、建築物および室内空間のサウンドデザイン企画、制作ならびにコンサルタント業
  ・スマートフォンアプリケーションの設計・デザイン・開発  
・スピーカーおよびアンプなどの音響機器の設計・製造・販売
・PAおよびSR用音響機器の改修および修理

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。