logo

【男性の眉毛ケア事情をリサーチ】今や男性の2人に1人が眉毛ケアを実践

シック・ジャパン株式会社 2016年03月03日 10時21分
From Digital PR Platform


ウエットシェービング国内トップシェア*1を誇るシック・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 ビジネス統括責任者:吉田智彦)は、近年注目が集まる男性の眉毛ケアに関する実態調査を実施しました。その調査結果と、誰でも簡単にできる眉毛ケアの方法をご紹介いたします。

■約半数の男性が眉毛ケアを実践
意識調査によると、眉毛のお手入れを「している」と答えた男性は全体の約半数(47.4%)にのぼりました。従来「女性だけのもの」と思われがちだった眉毛ケアは、今や男性においても年齢を問わず関心を集めていることが伺えます。
また、20代男性だけで見ると、約7割(68.0%)が眉毛の手入れをしていると答え、若い世代では特に「眉毛はお手入れするもの」という認識が大半を占めていることが分かります。

■眉毛ケアは「最低限の身だしなみ」
眉毛ケアをしている男性に聞いた、お手入れの理由は「最低限の身だしなみ」(70.0%)の回答が最多。身なりを整える一環として眉毛を手入れすることは、いわば“当たり前”のこととして捉えられているようです。

■お手入れは週1回以上、やっぱりお金はかけたくない
眉毛のお手入れをする頻度は「1週間に1回以上」の回答が60.5%、お手入れ道具にかけるお金は「300円以下」という回答が61.3%と最も多くなりました。お手入れは定期的にしながらも、出費はできるだけ抑えたいという男性が多いことが分かります。

実態調査の結果を見ると、「眉毛の手入れは女性だけ」という認識は、今や時代遅れになりつつあるようです。学校や職場で周囲に清潔感のある印象を与えるためにも、ぜひ眉毛ケアを実践しましょう。
以下では、手ごろな道具を使って短時間で実践できる簡単な眉毛ケアの手順を紹介します。


【誰でも手軽に眉毛ケア!眉用カミソリを使ったお手入れ方法を紹介】
意外と手軽に実践できる眉毛ケア。使う道具は、小回りがきき、誰でも簡単に眉の形を整えられる「眉用カミソリ」がオススメです。剃る前にはシェービングジェルや乳液を塗りましょう。

(1)眉下のムダ毛を処理
まずは、眉下のムダ毛を取り除きましょう。眉尻から眉頭に向かって、上から下に少しずつなでるように剃ります。これだけで、清潔感が格段にアップします。

(2)眉の上部をケア
次に、眉上部の形を整えます。この部分は、うぶ毛を剃るだけでも十分。眉の輪郭がはっきりし、顔全体の印象が変わってきます。

(3)眉間を整えて完成!
そして、忘れずにおさえたいのが眉間。刃先を使って眉間の中央だけを少し剃るのが自然に見せるコツです。

<ポイント>
・「眉用カミソリ」は鉛筆を持つように三本の指で軽く持ちましょう。
・刃が肌に対して45度くらいになるよう軽く当てます。
・一気に剃らずに、1本ずつカットするイメージで剃ります。また肌を引っ張ると剃りやすくなります。

*1 インテージSRI調べ 2012年12月‐2015年11月 3年間累計ウエットシェービング市場(カミソリ・シェービング剤市場の計)金額・数量シェア1位 

---------------------------------------------
<参考>
製品名:シック メンズL ディスポ
男性の眉を手軽に、清潔感のある自然な仕上がりに整えられます。
スリムなヘッドだから、眉まわりの細かいお手入れに最適です。

内容量:3本入
価格:オープン
販売チャネル:全国のドラッグストアなど

<キャンペーンサイト>
眉毛ケアのHow To動画や、安全性の検証などの情報が満載です。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。