logo

LCM Partners、2015年Private Debt Investor賞を受賞

LCM Partners 2016年03月02日 16時33分
From 共同通信PRワイヤー

LCM Partners、2015年Private Debt Investor賞を受賞

AsiaNet 63623 (0272)

【ロンドン2016年3月2日PR Newswire=共同通信JBN】
LCM Partnersは2日、2015年Private Debt Investor(PDI)賞を欧州ディストレス債権運用部門で受賞したと発表した。

3年目を迎えたPDI賞は、民間債権市場の形成に貢献した最も優れた業界参加者を表彰するのが目的。年間で最も優れた企業を決定するのは業界より他にないとの信念に基づくグローバルなPDI賞は、業界のために業界による投票で決まる投資業界で唯一の独立した賞である。

クレジット投資分野でのイノベーションと貢献を背景に同業者からこうした評価を受けたことを、LCM Partnersは喜びとする。同社が2014年半ばに立ち上げたLCM Credit Opportunities Strategy IIIは、当初からのノンレバレッジ年間リターンが14.6%に上った。この投資戦略は一連のマネージド・アカウントと合同運用ファンドで構成され、欧州と米国の機関投資家を対象とする。ファンドは2016年に募集を締め切る。

LCM Partnersはこの誉れ高い業界賞をPrivate Debt Investorから得たことを光栄に思う。業界の同業者や顧客が投票した事実を鑑みると、とりわけ意義深い。

2015年はLCM Partnersにとって素晴らしい年になった。その一つはLCM Credit Opportunities Strategy IIIが戦略のための資金調達の面で強力になり、さらには資本配分で成功してリミテッド・パートナー(LP)に強固なアンレバレッジドリターンを与えたことだ。

LCMのポール・バーデル最高経営責任者(CEO)は「クレジットファンドマネジャーのこのような著名リストから選ばれて感激だ。2016年も高いリターンをLPに提供し続けるよう意気込んでいる」と述べる。

▽編集者注
LCM Partnersはクレジットに特化したオルタナティブ資産運用会社。クレジットポートフォリオの投資と管理では比類ない専門知識を提供し、これまでに達成した正常債権、準正常債権、不良債権がらみの取引は2000件、取引の債券総額は135億ユーロを超える。

PDI賞の以前にも2015年にファンド賞を受賞し、LCM Partnersは欧州ベスト・クレジット・インベスターに選ばれ、この分野で名声を博するその他の業界賞を獲得している。こうした受賞は同社の投資チームの実績と、1999年以来アンレバレッジド平均で14.9%の内部収益率(IRR)を達成したたまものである。

LCM Partnersは2010年と2012年、Insight Investmentと提携して2本の消費者向け不良債権ファンドの立ち上げに成功した。2014年6月にはLCM Credit Opportunities III Strategyを設立し、現在このファンドはLCM Partners CO IとLCM Partners CO IIで構成されている。LCM Partners CO IIIはProfessional Investorsとの合同運用ファンドで、目標運用額は1000万ユーロ以上、2016年7月に募集を締め切る。こうした投資戦略に興味がある大手投資家はマネージド・アカウントが利用できる。

LCM PartnersはLink Financial Groupのメンバー会社。Link Financial Groupは欧州最大規模の金融投資・運用会社で、5カ国に8オフィスがあり、従業員は450人以上。LCM Capital LLPはすべてのLCMファンドのオルタナティブ投資ファンド運用会社(英金融行動監視機構=FCA=登録番号534658)

LCM Partners
Alison Swonnell
T: +44-203-457-5058
aswonnell@lcmpartners.eu

Paul D Burdell
T: +44-203-457-5060
paulburdell@lcmpartners.eu

ソース:LCM Partners

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。